栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

βカロテン

脇役や彩りにするだけじゃもったいない!βカロテン豊富な人参パワー

代表的な緑黄色野菜の一つ、人参。食卓に上がる頻度は高いものの、ほとんどが脇役で主役になることが少ない野菜ですが、実は多くの効果が秘められています。

人参に含まれる栄養素

人参といえば、βカロテンが豊富なことで有名。その多さは、“カロテン”という名前の由来になっているほどです。βカロテンは体内で必要な分だけ、ビタミンAに変換されます。大きさにもよりますが、人参約1/2本で、一日に必要とされるビタミンAを摂取できます。
他にも、ビタミンB1やビタミンCなどのビタミン群、カリウム、鉄、カルシウムなどのミネラルがバランスよく含まれています。

[スポンサーリンク]

人参に含まれる「βカロテン」と「ビタミンA」の効果

βカロテン

βカロテンには活性酵素の働きを抑える作用があり、がんの予防・抑制に役立ちます。
また、抗酸化作用による、黄斑変性症の予防効果も注目されています。抗酸化作用を持つ他のビタミン類や亜鉛などの一緒に摂取すると、黄斑変性症の進行を遅らせる効果があると言われています。

ビタミンA

βカロテンが体内でビタミンAに変換されると、さらに多くの効果を発揮。
夜盲症の予防や視力低下の抑制、口・鼻・のど・肺・胃腸の健康維持、乾燥肌やニキビ肌の予防・改善、丈夫な骨の形成など、様々な効果を期待できます。

人参を使った栄養レシピ

酸味がポイント!人参とちくわの炒めもの

ビタミンAは油との相性が良いので、炒めることで効率よく効果を発揮してくれます。

■材料
人参 … 一本
ちくわ … 一本
○砂糖・醤油 … 各大さじ1/2
○酢 … 大さじ1
ごま油 … 適量

■作り方
1.人参はピーラーでそぎ切り、ちくわは斜め切りにする。
2.油をひかないフライパンでちくわを焼き、一度取り出しておく。
3.フライパンにごま油を熱して人参を炒め、しんなりしてきたらちくわを加える。
4.○の調味料を回し入れ、汁気を飛ばすように絡めながら炒める。

人参の明太子マヨネーズ和え

野菜嫌いも瞬く間に完食!彩りが良いので、お弁当の一品にもおすすめです。

■材料
人参 … 1本
明太子 … 1/4腹
酒 … 小さじ1
マヨネーズ 大さじ1〜2
塩コショウ … 適量
砂糖 … 小さじ1/2
刻み海苔 … 適量

■作り方
1.人参は細切りにしてラップに包み、電子レンジで1分半〜2分ほど加熱する。キッチンペーパーに包んで水分を取り、冷やしておく。
2.明太子は薄皮を除き、酒とマヨネーズを加えて混ぜ合わせる。
3.人参を2で和え、塩コショウと砂糖で味を調える。最後に刻み海苔を飾って出来上がり。

βカロテンを含むサプリ

ネイチャーメイド「ベータカロテン」

現代の生活で不足しがちの野菜。ベータカロテンは野菜の中でも“緑黄色野菜”に多く含まれ、皮膚や粘膜、眼の健康維持に重要な栄養です。トマト4個分のベータカロテン※を2粒(1日目安量3.6mg)で手軽に補給できます。

DHC「マルチカロチン」

緑黄色野菜などから抽出した天然カロテノイドを1粒に凝縮。主要なカロテノイド5種類を一度に摂取できます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ