栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

甘酒の効能とおすすめレシピ、食品成分表

甘酒には、ビタミンB群やアミノ酸、コウジ酸、ブドウ糖、オリゴ糖、食物繊維、ビオチンが多く含まれています。
その栄養効果として、栄養補給、疲労回復、免疫力強化、整腸作用、肌荒れ予防、食べすぎ防止、頭皮・髪の健康維持、美肌効果などが期待できます。

甘酒の効能

甘酒には、酒粕から作ったものと米麹のものがあります。前者は砂糖とアルコールが入っていてしっかり甘味があるのに対し、後者には砂糖不使用のものが多く、アルコールが含まれていないのが大きな違いです。
甘酒には、次のような美容・健康効果が期待できます。

美肌づくり

ビタミンB2を中心とするビタミンB群には、肌の調子を整える働きがあるとされています。
また、甘酒に含まれる必須アミノ酸には肌の乾燥を防ぐ働きがあるほか、米麹に含まれるコウジ酸には、シミ・くすみ・そばかすの原因になるメラニンの生成を抑える働きがあるといわれています。

栄養補給

「飲む点滴」ともいわれる甘酒には、私たちの身体に必要なブドウ糖・ビタミンB群・必須アミノ酸などが含まれています。手軽に栄養が補える甘酒は、食欲がないときや時間がなくて食事が摂れないとき、あるいは産後などの栄養補給に最適です。

疲労回復

甘酒に含まれるブドウ糖やビタミンB群は疲労回復の手助けになるため、食欲がなく疲労を感じやすい夏バテのときにおすすめです。
さらに、オリゴ糖と食物繊維が腸の善玉菌を増やして免疫力を高めてくれるため、強い体作りにも役立ちます。

便秘解消

豊富に含まれるオリゴ糖と食物繊維が腸内環境を整えて排便を促すため、便秘による肌荒れの予防などにも有効です。

ダイエットサポート

ブドウ糖が血糖値を上げて満腹感を与えてくれるため、食前などにとり入れることで食べすぎ防止が期待できます。ただし、カロリーは低くないため、摂りすぎには注意が必要です。

頭皮・髪の健康維持

甘酒に含まれるビオチンには、頭皮や髪の状態を整える効果が期待できるため、薄毛対策などにも有効とされています。

[スポンサーリンク]

甘酒の人気&簡単レシピ

炊飯器と米麹で作る甘酒

お湯の量は800㏄位までOKですが、温度だけ注意してください。糀菌は高温が続くと死んでしまいます。冷やして(+氷)飲むことが多いので、少し濃いめに仕上がります。甘すぎるようなら、水を足してくださいね。

酒粕で手作り甘酒

美味しいお酒の酒粕を使うと、もっと美味しく仕上がります。好みですりおろしした生姜を入れても♪お口直しに塩昆布を添えると、ちょっとした甘味屋さん気分を楽しめますよ。

甘酒レモン

甘酒は米と米麹だけで作られたノンアルコール&ノンシュガーのものを使用。混ぜるだけでとっても簡単。さっぱりとした味わいが夏にぴったりな甘酒です。

甘酒のミニパウンドケーキ

甘酒は粒々のままでも、ミキサーにかけてなめらかにしてからでもOK。甘い方がお好きな方は、砂糖を加えてください。甘みは焼きたてより冷めてからの方が強まります。

豆乳甘酒

甘酒を選ぶときは原材料をよく確認して、米と米麹で作られたものを選んでくださいね。電子レンジを使わず、鍋に甘酒と豆乳を入れて沸騰直前まで温めても作れます。

[スポンサーリンク]

甘酒の栄養成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。表の見方や注意事項は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)について:文部科学省のページを参照してください。

甘酒の食品成分部分をクリックすると開閉します。

甘酒の成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 81kcal
水分 79.7g
たんぱく質 1.7g
アミノ酸組成によるたんぱく質
脂質 0.1g
トリアシルグリセロール当量
飽和脂肪酸
一価不飽和脂肪酸
多価不飽和脂肪酸
コレステロール (0)mg
炭水化物 18.3g
利用可能炭水化物(単糖当量)
水溶性食物繊維 0.1g
不溶性食物繊維 0.3g
< 食物繊維総量 > 0.4g
灰分 0.2g
ナトリウム 60mg
カリウム 14mg
カルシウム 3mg
マグネシウム 5mg
リン 21mg
0.1mg
亜鉛 0.3mg
0.05mg
マンガン 0.17mg
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) (0)μg
ビタミンA(α-カロテン)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンA(β-クリプトキサンチン)
ビタミンA(β-カロテン当量) (0)μg
ビタミンA(レチノール活性当量) (0)μg
ビタミンB1 0.01mg
ビタミンB2 0.03mg
ナイアシン(ビタミンB3) 0.2mg
ビタミンB6 0.02mg
ビタミンB12
葉酸(ビタミンB9) 8μg
パントテン酸(ビタミンB5) 0mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC (0)mg
ビタミンD (0)μg
ビタミンE(α-トコフェロール) Tr
ビタミンE(β-トコフェロール) 0mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) 0mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) 0mg
ビタミンK 0μg
食塩相当量 0.2g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ