栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

赤貝の効能とおすすめレシピ、食品成分表

赤貝には、ビタミンB1・B2やグルタチオン、タウリン、ヘム鉄、ベタインが多く含まれています。
その栄養効果として、貧血改善、疲労回復、解毒作用、抗酸化作用、老化防止、がん予防、コレステロール値低下、心機能強化、高血圧予防、肝機能強化、エネルギー代謝促進効果などが期待できます。

赤貝の効能

赤貝は身の赤色が目立つことからこの名がつきました。国産では宮城県名取市閖上産や佐賀県産などが名高く、代用品としては白玉、バッチと呼ばれるサトウガイも出回っています。産卵のために栄養を蓄えている2〜3月頃のものが美味とされています。

身が赤いのは鉄を含むヘモグロビンを持つためで、しかも成分は人間のものとよく似ています。これは貝のなかでも赤貝の仲間だけに見られる特徴です。また、吸収のよいヘム鉄も豊富なため、貧血予防に有効です。

さらに、疲労回復や細胞の再生に役立つビタミンB1・B2や、強い抗酸化作用・解毒作用があり、老化防止に有効なグルタチオン、血中コレステロール値を下げ、心機能・解毒作用を強化するタウリン、肝機能を強化し、脂質のエネルギー代謝を促進するベタインも含まれています。

赤貝は刺身や寿司ネタなどの生食が主で、保存には向かないため早めに賞味しましょう。ビタミンCと一緒に摂ると鉄の吸収が高まるため、レモンなどを搾って食べるのがおすすめです。

[スポンサーリンク]

赤貝の人気&簡単レシピ

赤貝煮

固くなってしまうので、赤貝は煮すぎないように注意してください。沸騰してから中火で2〜3分ほど煮て、汁気がなくなったらOKです。お弁当のおかずにもぴったり。

赤貝の炊き込みご飯

最初に「赤貝の煮つけ」を作り、それを炊き込みご飯に仕立てるので、煮汁の味付けはやや濃いめ。淡い味付けにしたい場合は、炊飯器に入れる煮汁を控えめにし、しょうがを効かせると調味料が少なくても赤貝独特の匂いが抑えられ、すっきりと仕上がります。

赤貝で大根のトロミ煮

ごま油で炒めるときは、焦げ目がつくまでよく炒めると美味しさアップ!缶詰の味なので失敗なし♪程よいとろみが大根によく絡んで、とっても簡単なのに絶品ですよ。

赤貝の佃煮

汁気をとばすときには、側を離れないようにしてくださいね。ちょっと時間を掛けた分、缶詰とは全く違う上品な味わいを楽しめます。

赤貝で和風パスタ

非常食として置いてあった缶詰が期限間近!缶詰をそのまま食べるのは苦手なので、簡単にアレンジ。誰でも失敗なく作れる手軽さが嬉しいパスタです。

[スポンサーリンク]

赤貝の栄養成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。表の見方や注意事項は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)について:文部科学省のページを参照してください。

赤貝(生)の食品成分部分をクリックすると開閉します。

赤貝(生)の成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 74kcal
水分 80.4g
たんぱく質 13.5g
アミノ酸組成によるたんぱく質 10.4g
脂質 0.3g
トリアシルグリセロール当量 0.1g
飽和脂肪酸 0.03g
一価不飽和脂肪酸 0.01g
多価不飽和脂肪酸 0.04g
コレステロール 46mg
炭水化物 3.5g
利用可能炭水化物(単糖当量)
水溶性食物繊維 (0)g
不溶性食物繊維 (0)g
< 食物繊維総量 > (0)g
灰分 2.3g
ナトリウム 300mg
カリウム 290mg
カルシウム 40mg
マグネシウム 55mg
リン 140mg
5.0mg
亜鉛 1.5mg
0.06mg
マンガン
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) 30μg
ビタミンA(α-カロテン)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンA(β-クリプトキサンチン)
ビタミンA(β-カロテン当量) 60μg
ビタミンA(レチノール活性当量) 35μg
ビタミンB1 0.20mg
ビタミンB2 0.20mg
ナイアシン(ビタミンB3) 2.5mg
ビタミンB6 0.10mg
ビタミンB12 59.2μg
葉酸(ビタミンB9) 20μg
パントテン酸(ビタミンB5) 1.02mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC 2mg
ビタミンD (0)μg
ビタミンE(α-トコフェロール) 0.9mg
ビタミンE(β-トコフェロール) 0mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) 0mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) 0mg
ビタミンK 1μg
食塩相当量 0.8g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 75%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
廃棄部位: 貝殻及び内臓 
赤貝(生)のアミノ酸成分表(1) 可食部100g当たり
アミノ酸成分表(1) 単位: /100g
水分 80.4g
たんぱく質 13.5g
アミノ酸組成によるたんぱく質 10.4g
イソロイシン 520mg
ロイシン 880mg
リシン(リジン) 870mg
含硫アミノ酸:メチオニン 320mg
含硫アミノ酸:シスチン 190mg
含硫アミノ酸 <合計> 520mg
芳香族アミノ酸:フェニルアラニン 430mg
芳香族アミノ酸:チロシン 420mg
芳香族アミノ酸 <合計> 850mg
トレオニン(スレオニン) 560mg
トリプトファン 130mg
バリン 550mg
ヒスチジン 270mg
アルギニン 970mg
アラニン 700mg
アスパラギン酸 1300mg
グルタミン酸 2100mg
グリシン 860mg
プロリン 440mg
セリン 530mg
ヒドロキシプロリン (77)mg
アミノ酸組成計 12000mg
アンモニア 210mg
剰余アンモニア
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
廃棄部位: 貝殻及び内臓
ヒドロキシプロリン: 軟体類の平均値から推計 
赤貝(生)のアミノ酸成分表(2) 基準窒素1g当たり
アミノ酸成分表(2) 単位: /1g
イソロイシン 240mg
ロイシン 410mg
リシン(リジン) 400mg
含硫アミノ酸:メチオニン 150mg
含硫アミノ酸:シスチン 90mg
含硫アミノ酸 <合計> 240mg
芳香族アミノ酸:フェニルアラニン 200mg
芳香族アミノ酸:チロシン 200mg
芳香族アミノ酸 <合計> 390mg
トレオニン(スレオニン) 260mg
トリプトファン 58mg
バリン 250mg
ヒスチジン 120mg
アルギニン 450mg
アラニン 320mg
アスパラギン酸 610mg
グルタミン酸 960mg
グリシン 400mg
プロリン 200mg
セリン 250mg
ヒドロキシプロリン (35)mg
アミノ酸組成計 5600mg
アンモニア 96mg
窒素換算係数1 4.81
窒素換算係数2 6.25
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
窒素換算係数1=アミノ酸組成によるたんぱく質に対する窒素換算係数
窒素換算係数2=基準窒素によるたんぱく質に対する窒素換算係数
<備考>
廃棄部位: 貝殻及び内臓
ヒドロキシプロリン: 軟体類の平均値から推計 
赤貝(生)のアミノ酸成分表(3) アミノ酸組成によるタンパク質1g当たり
アミノ酸成分表(3) 単位: /1g
イソロイシン 50mg
ロイシン 85mg
リシン(リジン) 84mg
含硫アミノ酸:メチオニン 31mg
含硫アミノ酸:シスチン 19mg
含硫アミノ酸 <合計> 50mg
芳香族アミノ酸:フェニルアラニン 41mg
芳香族アミノ酸:チロシン 41mg
芳香族アミノ酸 <合計> 82mg
トレオニン(スレオニン) 54mg
トリプトファン 12mg
バリン 53mg
ヒスチジン 26mg
アルギニン 93mg
アラニン 67mg
アスパラギン酸 130mg
グルタミン酸 200mg
グリシン 83mg
プロリン 42mg
セリン 51mg
ヒドロキシプロリン (7.4)mg
アミノ酸組成計 1200mg
アンモニア 20mg
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
廃棄部位: 貝殻及び内臓
ヒドロキシプロリン: 軟体類の平均値から推計 
赤貝(生)のアミノ酸成分表(4) (基準窒素による)たんぱく質1g当たり
アミノ酸成分表(4) 単位: /1g
イソロイシン 38mg
ロイシン 65mg
リシン(リジン) 65mg
含硫アミノ酸:メチオニン 24mg
含硫アミノ酸:シスチン 14mg
含硫アミノ酸 <合計> 38mg
芳香族アミノ酸:フェニルアラニン 32mg
芳香族アミノ酸:チロシン 31mg
芳香族アミノ酸 <合計> 63mg
トレオニン(スレオニン) 41mg
トリプトファン 9.3mg
バリン 40mg
ヒスチジン 20mg
アルギニン 72mg
アラニン 52mg
アスパラギン酸 97mg
グルタミン酸 150mg
グリシン 64mg
プロリン 33mg
セリン 39mg
ヒドロキシプロリン (5.7)mg
アミノ酸組成計 900mg
アンモニア 15mg
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
廃棄部位: 貝殻及び内臓
ヒドロキシプロリン: 軟体類の平均値から推計 
赤貝(生)の脂肪酸成分表(1) 可食部100g当たり
脂肪酸成分表(1) 単位: /100g
水分 80.4g
脂質 0.3g
トリアシルグリセロール当量 0.1g
脂肪酸総量 0.09g
飽和脂肪酸 0.03g
一価不飽和脂肪酸 0.01g
多価不飽和脂肪酸 0.04g
n-3系多価不飽和脂肪酸 0.03g
n-6系多価不飽和脂肪酸 0.01g
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0mg
(12:0) ラウリン酸 0mg
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 1mg
(15:0) ペンタデカン酸 Tr
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 17mg
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 2mg
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 9mg
(20:0) アラキジン酸 Tr
(22:0) ベヘン酸 Tr
(24:0) リグノセリン酸 Tr
(10:1) デセン酸 0mg
(14:1) ミリストレイン酸 Tr
(15:1) ペンタデセン酸 0mg
(16:1) パルミトレイン酸 2mg
(17:1) ヘプタデセン酸 Tr
(18:1) <計> 5mg
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 6mg
(22:1) ドコセン酸 1mg
(24:1) テトラコセン酸 0mg
(16:2) ヘキサデカジエン酸 Tr
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0mg
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 Tr
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 1mg
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 Tr
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0mg
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 1mg
(20:2) n-6 イコサジエン酸 Tr
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 Tr
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 Tr
(20:4) n-6 アラキドン酸 4mg
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 14mg
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 1mg
(22:2) ドコサジエン酸 0mg
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0mg
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 2mg
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 1mg
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 16mg
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
廃棄部位: 貝殻及び内臓 
赤貝(生)の脂肪酸成分表(2) 脂肪酸100g当たりの脂肪酸組成表
脂肪酸成分表(2) 単位: g/100g 脂肪酸総量
脂肪酸総量 287
飽和脂肪酸 100
一価不飽和脂肪酸 50
多価不飽和脂肪酸 137
n-3系多価不飽和脂肪酸 113
n-6系多価不飽和脂肪酸 22
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 Tr
(12:0) ラウリン酸 0
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 1.6
(15:0) ペンタデカン酸 0.4
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 19.6
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 2.2
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 10.1
(20:0) アラキジン酸 0.4
(22:0) ベヘン酸 0.2
(24:0) リグノセリン酸 0.2
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 0.2
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 2.9
(17:1) ヘプタデセン酸 0.4
(18:1) <計> 6.1
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 6.9
(22:1) ドコセン酸 0.8
(24:1) テトラコセン酸 0.1
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0.3
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0.2
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6リノール酸 1.3
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 0.4
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0.1
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 0.8
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0.2
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0.3
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0.3
(20:4) n-6 アラキドン酸 5.1
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 16.4
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 1.3
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 2.3
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0.8
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 18.1
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
廃棄部位: 貝殻及び内臓 
赤貝(生)の脂肪酸成分表(3) 脂質1g当たり
脂肪酸成分表(3) 単位: mg/g 脂質
脂肪酸総量 287
飽和脂肪酸 100
一価不飽和脂肪酸 50
多価不飽和脂肪酸 137
n-3系多価不飽和脂肪酸 113
n-6系多価不飽和脂肪酸 22
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 Tr
(12:0) ラウリン酸 0
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 5
(15:0) ペンタデカン酸 1
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 56
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 6
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 29
(20:0) アラキジン酸 1
(22:0) ベヘン酸 1
(24:0) リグノセリン酸 1
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 1
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 8
(17:1) ヘプタデセン酸 1
(18:1) <計> 17
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 20
(22:1) ドコセン酸 2
(24:1) テトラコセン酸 Tr
(16:2) ヘキサデカジエン酸 1
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 1
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 4
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 1
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 Tr
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 2
(20:2) n-6 イコサジエン酸 Tr
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 1
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 1
(20:4) n-6 アラキドン酸 15
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 47
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 4
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 7
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 2
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 52
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
廃棄部位: 貝殻及び内臓   
[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ