栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

蜂の子の効能とおすすめレシピ、食品成分表

蜂の子には、アミノ酸やタンパク質、鉄、カルシウム、カロテノイド、亜鉛が多く含まれています。
その栄養効果として、体力増強、免疫力強化、老化防止効果などが期待できます。

蜂の子の効能

蜂の子は蜂(主にスズメバチ・クロスズメバチ)の幼虫で、昔から貴重なタンパク源として主に炒め物で食べられてきました。特にクセもなく、独特の香ばしさが楽しめます。
蜂の子には、アルギニン・リジン・チロシン・ロイシンなど9種類のアミノ酸のほか、鉄・カルシウム・カロテノイド・亜鉛・ビタミン類も含まれています。その栄養価はローヤルゼリーをしのぐともいわれており、次のような効能が期待できます。

老化防止

蜂の子は体力を増強させる上に脳機能や抵抗力を高め、加齢による肌のたるみやしわ、白髪や抜け毛などの防止にも有効とされているため、体の老化を防ぐ効果があります。

体力増強

蜂の子に豊富に含まれるタンパク質は、筋肉や臓器、皮膚、髪、爪などの主成分として重要な栄養素で、酸素やホルモンの材料やエネルギー源にもなるため、体の働きを調整し、体力を増強する効果があります。

免疫力強化

蜂の子は強い抗菌作用を持ち、ウイルスや細菌に対する抗体の合成をサポートする働きがあるため、免疫力を高め、風邪やインフルエンザにかかりにくくする効果があります。

[スポンサーリンク]

蜂の子の人気&簡単レシピ

クロスズメバチの幼虫を佃煮にした蜂の子は、信州の特産品です。イナゴやカイコ等と並び、昔は代表的な昆虫食でしたが、いまではいずれも珍味となっています。

蜂の子 煮付

時々かき混ぜて焦がさないように気をつけてくださいね。少し濃いように感じても、冷めると味が薄くなるようです。ポイントは、親と子を一緒に煮ること。別々だと美味しくなりません。

蜂の子 キイロスズメバチのレシピ

薄口醤油は見た目より塩分が多いので、入れすぎないようにご注意を。ほんの少しだけ入れて炒めることが、美味しく仕上げるコツの一つです。

蜜蜂の蜂の子のバターソテー

養蜂の際にできたムダ巣に入っていた蜂の子で挑戦したバターソテー。蜂の子を集めるのは根気が要りますが、頑張って!

蜂の子の甘露煮

とにかく蜂の子はデリケート。フライパンに入れるとき、炒めるとき、たれに絡めるとき…最後まで丁寧に扱ってくださいね。甘露煮をご飯に混ぜれば、信州の伝統郷土食に。

スズメバチの蜂の子の佃煮

幼虫は糞をため込んでいるため、これを除いた方が臭みはなくなりますが、そのままでもカニ味噌のような風味で旨いです。出来上がりを保存し、炊きあがったご飯に混ぜ込んでも美味!

[スポンサーリンク]

蜂の子の栄養成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。表の見方や注意事項は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)について:文部科学省のページを参照してください。

蜂の子(缶詰)の食品成分部分をクリックすると開閉します。

蜂の子(缶詰)の成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 250kcal
水分 44.3g
たんぱく質 16.2g
アミノ酸組成によるたんぱく質
脂質 7.2g
トリアシルグリセロール当量 6.8g
飽和脂肪酸 2.45g
一価不飽和脂肪酸 2.61g
多価不飽和脂肪酸 1.39g
コレステロール 55mg
炭水化物 30.2g
利用可能炭水化物(単糖当量)
水溶性食物繊維 (0)g
不溶性食物繊維 (0)g
< 食物繊維総量 > (0)g
灰分 2.1g
ナトリウム 680mg
カリウム 110mg
カルシウム 11mg
マグネシウム 24mg
リン 110mg
3.0mg
亜鉛 1.7mg
0.36mg
マンガン 0.76mg
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) 0μg
ビタミンA(α-カロテン)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンA(β-クリプトキサンチン)
ビタミンA(β-カロテン当量) 500μg
ビタミンA(レチノール活性当量) 42μg
ビタミンB1 0.17mg
ビタミンB2 1.22mg
ナイアシン(ビタミンB3) 3.8mg
ビタミンB6 0.04mg
ビタミンB12 0.1μg
葉酸(ビタミンB9) 28μg
パントテン酸(ビタミンB5) 0.52mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC (0)mg
ビタミンD 0μg
ビタミンE(α-トコフェロール) 1.0mg
ビタミンE(β-トコフェロール) 0mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) 0.8mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) 0.2mg
ビタミンK 4μg
食塩相当量 1.7g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
原材料: 主として地ばち (くろすずめばち)の幼虫 
蜂の子(缶詰)の脂肪酸成分表(1) 可食部100g当たり
脂肪酸成分表(1) 単位: /100g
水分 44.3g
脂質 7.2g
トリアシルグリセロール当量 6.8g
脂肪酸総量 6.45g
飽和脂肪酸 2.45g
一価不飽和脂肪酸 2.61g
多価不飽和脂肪酸 1.39g
n-3系多価不飽和脂肪酸 0.51g
n-6系多価不飽和脂肪酸 0.88g
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 8mg
(12:0) ラウリン酸 110mg
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 240mg
(15:0) ペンタデカン酸 7mg
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 1600mg
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 20mg
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 400mg
(20:0) アラキジン酸 20mg
(22:0) ベヘン酸 5mg
(24:0) リグノセリン酸 0mg
(10:1) デセン酸 0mg
(14:1) ミリストレイン酸 5mg
(15:1) ペンタデセン酸 0mg
(16:1) パルミトレイン酸 210mg
(17:1) ヘプタデセン酸 10mg
(18:1) <計> 2400mg
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 16mg
(22:1) ドコセン酸 4mg
(24:1) テトラコセン酸 0mg
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0mg
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0mg
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0mg
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 870mg
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 500mg
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0mg
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 0mg
(20:2) n-6 イコサジエン酸 3mg
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0mg
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0mg
(20:4) n-6 アラキドン酸 9mg
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 12mg
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0mg
(22:2) ドコサジエン酸 0mg
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0mg
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 0mg
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0mg
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 0mg
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
原材料: 主として地ばち (くろすずめばち)の幼虫 
蜂の子(缶詰)の脂肪酸成分表(2) 脂肪酸100g当たりの脂肪酸組成表
脂肪酸成分表(2) 単位: g/100g 脂肪酸総量
脂肪酸総量 896
飽和脂肪酸 340
一価不飽和脂肪酸 362
多価不飽和脂肪酸 193
n-3系多価不飽和脂肪酸 71
n-6系多価不飽和脂肪酸 122
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0.1
(12:0) ラウリン酸 1.8
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 3.8
(15:0) ペンタデカン酸 0.1
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 25.3
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 0.3
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 6.2
(20:0) アラキジン酸 0.3
(22:0) ベヘン酸 0.1
(24:0) リグノセリン酸 0
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 0.1
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 3.3
(17:1) ヘプタデセン酸 0.2
(18:1) <計> 36.5
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 0.3
(22:1) ドコセン酸 0.1
(24:1) テトラコセン酸 0
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6リノール酸 13.5
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 7.7
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 0
(20:2) n-6 イコサジエン酸 Tr
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0
(20:4) n-6 アラキドン酸 0.1
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 0.2
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 0
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 0
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
原材料: 主として地ばち (くろすずめばち)の幼虫 
蜂の子(缶詰)の脂肪酸成分表(3) 脂質1g当たり
脂肪酸成分表(3) 単位: mg/g 脂質
脂肪酸総量 896
飽和脂肪酸 340
一価不飽和脂肪酸 362
多価不飽和脂肪酸 193
n-3系多価不飽和脂肪酸 71
n-6系多価不飽和脂肪酸 122
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 1
(12:0) ラウリン酸 16
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 34
(15:0) ペンタデカン酸 1
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 226
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 3
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 56
(20:0) アラキジン酸 3
(22:0) ベヘン酸 1
(24:0) リグノセリン酸 0
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 1
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 30
(17:1) ヘプタデセン酸 1
(18:1) <計> 327
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 2
(22:1) ドコセン酸 1
(24:1) テトラコセン酸 0
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 121
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 69
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 0
(20:2) n-6 イコサジエン酸 Tr
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0
(20:4) n-6 アラキドン酸 1
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 2
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 0
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 0
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
原材料: 主として地ばち (くろすずめばち)の幼虫   
[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ