栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

イヌリン

イヌリンと難消化性デキストリンはどう違う?効能や効果を比較

イヌリンは菊芋やごぼうに含まれる多糖類の一種です。
難消化性デキストリンはじゃがいもやトウモロコシ由来のデンプンです。

デンプンも多糖類なので、同じ仲間です。栄養学的には水溶性食物繊維で、これまた同じです。

そのため、効能や効果も極めて似ています。糖尿病が気になる方やダイエットを意識したい人が、イヌリンか難消化性デキストリンか、どちらにしようか悩むのも当然といえば当然ですね。
イヌリンと難消化性デキストリンの比較

イヌリンと難消化性デキストリンの効能比較

水溶性食物繊維としての効果・効能は、イヌリンも難消化性デキストリンも同じように持ち合わせているので、とくに理由の説明なく、どちらも◎にしています。

糖尿病を予防する効果

◎:イヌリン
◎:難消化性デキストリン

血糖値の上昇を抑制する効果

◎:イヌリン
◎:難消化性デキストリン

脂肪の吸収をゆっくりにする

◎:イヌリン
◎:難消化性デキストリン

コレステロールの排泄効果

◎:イヌリン
◎:難消化性デキストリン

腸内の環境を整える効果

◎:イヌリン
◎:難消化性デキストリン

便秘を改善する効果

◎:イヌリン
◎:難消化性デキストリン

内臓脂肪の低減

◎:イヌリン
◎:難消化性デキストリン

ダイエット効果

◎:イヌリンにはインシュリンの分泌を抑える効果があります。またイヌリンの持つ糖質は人間が持つ酵素では消化吸収が不可能な性質を持っています。
○:難消化性デキストリン(食物繊維のダイエット効果はイヌリン同様にあります。)

ミネラルの吸収促進

○:イヌリン
○:難消化性デキストリン

善玉菌を増やす効果

◎:イヌリンは分解されるとフラクトオリゴ糖になり、善玉菌のエサになります。
○:難消化性デキストリン(食物繊維も善玉菌のエサになりますが、難消化性デキストリンにはイヌリンのようなオリゴ糖とのダブル効果はありません。)

イヌリンと難消化性デキストリンの便利さ比較

イヌリンと難消化性デキストリンでは、飲みやすさや味などには少し違いがあります。

溶けやすさ

○:イヌリンは、お湯には溶けますが、水には溶けにくいです。
◎:難消化性デキストリン

○:イヌリンには甘さがあり、甘味料として用いられることもあります。
◎:難消化性デキストリンは、ほぼ無味無臭なので、飲み物や料理に手軽に入れられます。

イヌリンと難消化性デキストリンの安全性比較

○:イヌリン
◎:難消化性デキストリン

難消化性デキストリンは、

  1. 整腸作用
  2. 食後血糖値の上昇抑制作用
  3. 食後中性脂肪の上昇抑制作用

という3つの作用で消費者庁より特定保健用食品(トクホ)として認可される商品の素材に使われます。

イヌリン自体も自然界に存在する多糖類で、菊芋という食品から摂取する場合は天然の素材となります。ただし、サプリメントの場合は他の素材を原料にして酵素を使って「イヌリンと同じ構造を持つ物質」として作られたものですので、品質には注意が必要です。

まとめ

【比較表】 イヌリン 難消化性デキストリン
糖尿病を予防
血糖値の上昇を抑制
脂肪の吸収を遅延
コレステロールの排泄
腸内の環境を整える
整腸作用
便秘を改善する
内臓脂肪の低減
ダイエット効果
ミネラルの吸収促進
善玉菌を増やす
溶けやすさ
安全性 ◎(トクホ)

同じ水溶性食物繊維ですが、難消化性デキストリンはトウモロコシやジャガイモ、小麦由来などのデンプンであるのに対し、イヌリンの糖質は少し特殊で、体内に吸収されないことによるダイエット効果や、腸内ではじめて分解されてフラクトオリゴ糖となって善玉菌を増やす働きがあります。

このようなイヌリンの効果も期待したい場合は、菊芋やイヌリンのサプリメントを選ぶのが良いでしょう。

一方で、日々の食生活で不足している食物繊維を補給する栄養補助食品として考えるのであれば、トクホの素材としてもよく使われている安心感がある難消化性デキストリンを選ぶのが良いでしょう。

イヌリンも難消化性デキストリンも天然に存在する糖類であるため、副作用の心配は少ないですが、過剰摂取には気をつけましょう。過剰摂取の症状としては、お腹が緩んだり、胃腸にガスが溜まったり、腹部膨満感などがあります。実際、イヌリンのサプリメントや難消化性デキストリンを試した人のAmazonカスタマーレビューには、「おならが出ます!」という声があるようです。

とはいえ、どちらもレビュー件数が100以上の人気商品で、評価は5段階中で星4つです。

イヌリンは500gで970円、難消化性デキストリンは400gで864円と、どちらもコストパフォーマンスは高いサプリメントです。

追記(2016年11月18日)

難消化性デキストリンの中では、2016年にLOHA Style(ロハスタイル)から発売された難消化性デキストリン (サラッと溶ける便利な即溶顆粒タイプ) が現時点で一番のお勧めです!

難消化性デキストリン (サラッと溶ける便利な即溶顆粒タイプ) 2kg
2kgの商品はコスパ抜群。
LOHAStyleは、楽天市場やYahooショップにも自社運営ショップを持っていて、情報公開もしっかりとされています。
ノーブランド商品も多い難消化性デキストリンですが、この商品は質が良い難消化性デキストリンだと思います。小麦由来の難消化性デキストリンで、遺伝子非組み換え、アレルゲンフリー、食物繊維含有85%以上の商品です。顆粒タイプなので、溶けやすく使いやすいのもポイントですね。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ