栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

ドリアンの効能とおすすめレシピ

ドリアンには、ナイアシンやマンガン、カリウム、銅が多く含まれています。
その栄養効果として、エネルギー代謝の活発化、皮膚の健康維持、生活習慣病予防、骨の生成促進、発がん物質の解毒・消失、整腸作用、便秘解消、がん予防、コレステロール減少効果などが期待できます。

ドリアンの効能

果物の王様と呼ばれるドリアンはマレー半島・東インドが原産ですが、現在ではマレーシア・インドネシア・タイなどの東南アジアで盛んに栽培されています。クリーミーで濃厚かつ上品な甘味が特徴で、ビタミンA・B群・C・Eをバランスよく含む栄養価の高い果物です。

ビタミンB群のなかではナイアシンが特に豊富で、エネルギー代謝を活発にし、皮膚を健康に保つほか、インスリンの合成に働くため、糖尿病予防にも有効です。

また、骨の生成を促すマンガンや、カリウム、銅などのミネラルも多く含んでおり、独特の強い匂い成分のインドールには、発がん物質を解毒・消失する働きがあります。

そのほか、食物繊維の整腸作用による便秘解消やコレステロール減少、生活習慣病予防にも期待できます。

ドリアンは、熟して自然に落ちた果実が美味とされています。食べごろを見分けるのは匂いが決め手となり、独特の匂いが立ち始めたところで食べます。
保存の際は、果肉を取り出し、小分けにしてラップに包みます。冷蔵庫で1週間くらいは保存でき、冷凍保存も可能です。

[スポンサーリンク]

ドリアンの人気&簡単レシピ

ドリアンジャムのケーキ

ホットケーキミックス使用で失敗なし!ドリアンのおいしさが詰まった簡単ケーキ。ドリアンはカリウム豊富な果物で、体内の余分なナトリウムを排出させてくれる効果があります。むくみでお悩みの方や血圧が高めな方にもおすすめですよ。

ドリアンレアチーズケーキ

ドリアン好きにはたまらない。混ぜて冷やすだけ♪誰でも簡単に作れるレアチーズケーキです。ドリアンはフォークなどで潰しただけだと小さな塊が残り、粒々感がアクセントに。なめらかさを求める場合は、フードプロセッサーで撹拌してください。葉酸を含むドリアンは、貧血予防にも効果的です。

ドリアンジャム

夢のようなドリアンの香りが鼻から頭へ…!質が良いドリアンなら煮つめるだけでOKですが、果肉が硬い場合は裏ごしが必要です。臭いが強烈なドリアンですが、カリウム、葉酸、ナイアシン、ビタミンB群、リンなど、豊富な栄養素の持ち主。健康な体づくりに大いに貢献してくれます。

ドリアンのレンジジャム

レンジで作れるお手軽ドリアンジャム。バニラオイルの代わりにラム酒を加えると、ちょっと大人な仕上がりに。ドリアンは臭いだけじゃなく、健康効果も強いフルーツ。貧血予防、むくみ解消、骨の強化などに役立ってくれますよ。

[スポンサーリンク]

ドリアンの栄養成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。表の見方や注意事項は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)について:文部科学省のページを参照してください。

ドリアン(生)の食品成分部分をクリックすると開閉します。

ドリアン(生)の成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 133kcal
水分 66.4g
たんぱく質 2.3g
アミノ酸組成によるたんぱく質
脂質 3.3g
トリアシルグリセロール当量 2.8g
飽和脂肪酸 1.18g
一価不飽和脂肪酸 1.18g
多価不飽和脂肪酸 0.28g
コレステロール 0mg
炭水化物 27.1g
利用可能炭水化物(単糖当量)
水溶性食物繊維 0.7g
不溶性食物繊維 1.4g
< 食物繊維総量 > 2.1g
灰分 0.9g
ナトリウム Tr
カリウム 510mg
カルシウム 5mg
マグネシウム 27mg
リン 36mg
0.3mg
亜鉛 0.3mg
0.19mg
マンガン 0.31mg
ヨウ素 0μg
セレン 1μg
クロム 0μg
モリブデン 10μg
ビタミンA(レチノール) (0)μg
ビタミンA(α-カロテン) 0μg
ビタミンA(β-カロテン) 36μg
ビタミンA(β-クリプトキサンチン) 1μg
ビタミンA(β-カロテン当量) 36μg
ビタミンA(レチノール活性当量) 3μg
ビタミンB1 0.33mg
ビタミンB2 0.20mg
ナイアシン(ビタミンB3) 1.4mg
ビタミンB6 0.25mg
ビタミンB12 0μg
葉酸(ビタミンB9) 150μg
パントテン酸(ビタミンB5) 0.22mg
ビオチン(ビタミンB7) 5.9μg
ビタミンC 31mg
ビタミンD (0)μg
ビタミンE(α-トコフェロール) 2.3mg
ビタミンE(β-トコフェロール) 0mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) 0.1mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) 0mg
ビタミンK (0)μg
食塩相当量 0g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 15%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
試料: 果皮を除いた冷凍品
廃棄部位: 種子 
ドリアン(生)の脂肪酸成分表(1) 可食部100g当たり
脂肪酸成分表(1) 単位: /100g
水分 66.4g
脂質 3.3g
トリアシルグリセロール当量 2.8g
脂肪酸総量 2.64g
飽和脂肪酸 1.18g
一価不飽和脂肪酸 1.18g
多価不飽和脂肪酸 0.28g
n-3系多価不飽和脂肪酸 0.12g
n-6系多価不飽和脂肪酸 0.16g
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0mg
(12:0) ラウリン酸 2mg
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 25mg
(15:0) ペンタデカン酸 2mg
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 1100mg
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 2mg
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 39mg
(20:0) アラキジン酸 6mg
(22:0) ベヘン酸 3mg
(24:0) リグノセリン酸 0mg
(10:1) デセン酸 0mg
(14:1) ミリストレイン酸 0mg
(15:1) ペンタデセン酸 0mg
(16:1) パルミトレイン酸 110mg
(17:1) ヘプタデセン酸 3mg
(18:1) <計> 1100mg
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 2mg
(22:1) ドコセン酸 0mg
(24:1) テトラコセン酸 0mg
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0mg
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0mg
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0mg
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 160mg
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 120mg
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0mg
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 0mg
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0mg
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0mg
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0mg
(20:4) n-6 アラキドン酸 0mg
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 0mg
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0mg
(22:2) ドコサジエン酸 0mg
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0mg
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 0mg
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0mg
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 0mg
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
試料: 果皮を除いた冷凍品
廃棄部位: 種子 
ドリアン(生)の脂肪酸成分表(2) 脂肪酸100g当たりの脂肪酸組成表
脂肪酸成分表(2) 単位: g/100g 脂肪酸総量
脂肪酸総量 800
飽和脂肪酸 359
一価不飽和脂肪酸 357
多価不飽和脂肪酸 85
n-3系多価不飽和脂肪酸 35
n-6系多価不飽和脂肪酸 49
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0
(12:0) ラウリン酸 0.1
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 1.0
(15:0) ペンタデカン酸 0.1
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 41.8
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 0.1
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 1.5
(20:0) アラキジン酸 0.2
(22:0) ベヘン酸 0.1
(24:0) リグノセリン酸 0
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 0
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 4.2
(17:1) ヘプタデセン酸 0.1
(18:1) <計> 40.2
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 0.1
(22:1) ドコセン酸 0
(24:1) テトラコセン酸 0
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6リノール酸 6.2
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 4.4
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 0
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0
(20:4) n-6 アラキドン酸 0
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 0
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 0
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 0
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
試料: 果皮を除いた冷凍品
廃棄部位: 種子 
ドリアン(生)の脂肪酸成分表(3) 脂質1g当たり
脂肪酸成分表(3) 単位: mg/g 脂質
脂肪酸総量 800
飽和脂肪酸 359
一価不飽和脂肪酸 357
多価不飽和脂肪酸 85
n-3系多価不飽和脂肪酸 35
n-6系多価不飽和脂肪酸 49
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0
(12:0) ラウリン酸 1
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 8
(15:0) ペンタデカン酸 1
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 334
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 1
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 12
(20:0) アラキジン酸 2
(22:0) ベヘン酸 1
(24:0) リグノセリン酸 0
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 0
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 34
(17:1) ヘプタデセン酸 1
(18:1) <計> 321
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 1
(22:1) ドコセン酸 0
(24:1) テトラコセン酸 0
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 49
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 35
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 0
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0
(20:4) n-6 アラキドン酸 0
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 0
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 0
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 0
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
試料: 果皮を除いた冷凍品
廃棄部位: 種子   
[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ