栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

イヌリン

イヌリンを多く含む食材は?

イヌリンは、菊芋、チコリ、ゴボウ、玉ねぎ、にんにく、ニラなど色々な食品に含まれています。キク科の植物の球根に多く、このイヌリンという名称は、キク科オグルマ属の植物 (Inula) から抽出されたことに由来しています。

これら植物によって作られる多糖類の一種がイヌリンというわけです。つまり、自然界に存在する炭水化物の一種、果糖の重合体です。キク科の植物は球根に栄養源を貯蔵するための手段としてイヌリンを活用しているそうです。

イヌリンの含有量が特に多いのは菊芋やチコリです。
それぞれ100gあたりの含有量は、下記となります。

  • 菊芋 :12.5〜20g
  • チコリ:0.7g

その他、ニラや玉ねぎのイヌリン含有量はそれぞれ0.4gと0.3gとなっており、いかに菊芋の含有量が圧倒的に多いかを知ることができますね。

つまり、イヌリンを自然の食材で摂取したかったら、「菊芋の一択!」というわけです。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
1247 views

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ