栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

砂糖より強い甘味で健康的!? 果糖の効能と食品成分表

果糖はフルクトースとも呼ばれる単糖類で、自然に存在する糖の中で最も甘いといわれる成分です。
果糖の栄養効果として、疲労回復、二日酔い解消、肝機能強化、低血糖防止などが期待できます。

果糖の効能

果糖はスイカ・リンゴ・ビワ・ナシ・ハチミツ・ブドウなどに多く含まれています。

果糖は温度が低いとさらに強い甘味を感じさせるのが特徴で、水に溶けやすい上に少量で甘味をつけることができるため、飲み物や食品などに多く使用されています。

また、体内ですぐにエネルギーに変換される性質を持っていることから、即効性のある疲労回復に使用されることもあるほか、アルコールを分解する働きもあり、二日酔いの解消によいとされています。

さらに、肝臓の働きに必要とされるグリコーゲンを育成する働きがあるため、肝機能強化にも有効と考えられています。特に、運動後のグリコーゲン補充のためにはブドウ糖がよいとされていますが、低血糖を防ぐためには果糖のほうがよいとされるため、これら二つを合わせて摂取するとより効果的といわれています。

果糖はインスリンの上昇作用が小さいため、糖尿病患者の甘味料として使われたり、運動による低血糖を防いだりする効果があります。

かつて、果糖は砂糖と比べて血糖値の上昇率が低いことや、虫歯・肥満の心配がないということがいわれていましたが、過剰摂取は中性脂肪の上昇の原因になることが指摘されています。しかも、果糖には満腹感を得にくいという特徴があるため、摂りすぎには注意が必要です。

[スポンサーリンク]

果糖の売れ筋商品

果糖(フルーツシュガー)Amazon
カップ印でお馴染み、日新製糖株式会社の果糖です。さわやかな甘さで、梅酒などの果実酒に入れたり、料理やお菓子作りにも使えます。

果糖は蜂蜜や果物に多く含まれている天然の糖。砂糖やぶどう糖とは化学的に異なり、特に低温時には砂糖の約1.5倍の甘さが得られるので、砂糖より少ない使用量で済む分だけカロリーが低減できます。エネルギー量は4Kcal/gで砂糖と同じです。
果糖のフレーバー効果は、ミルクや果物の香りを引き立ててくれるだけでなく、砂糖の約2倍の浸透圧があることから防腐効果も期待できます。

果糖の体内での働きは、下記などがあります。

  • 緩やかに血糖値が上昇する
  • インシュリンとは無関係に代謝される
  • 速やかにエネルギーになる

ブドウ糖に比べ吸収は緩やかですが、エネルギーへの変換は速く、マラソンなどスポーツ時のドリンクにも最適です。
その他、フルーツにかけたり、ジュースや牛乳・コーヒー・紅茶に入れて飲んだり、果実酒作りや魚の照り焼き・酢の物・煮物などの料理、スイーツ作りなど幅広い用途に利用できます。

果糖は吸湿性が強いので密閉容器で保存し、早めに使いきりましょう。

[スポンサーリンク]

果糖の栄養成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。表の見方や注意事項は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)について:文部科学省のページを参照してください。

果糖の食品成分部分をクリックすると開閉します。

果糖の成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 368kcal
水分 0.1g
たんぱく質 (0)g
アミノ酸組成によるたんぱく質
脂質 (0)g
トリアシルグリセロール当量
飽和脂肪酸
一価不飽和脂肪酸
多価不飽和脂肪酸
コレステロール (0)mg
炭水化物 99.9g
利用可能炭水化物(単糖当量) (99.9)g
水溶性食物繊維 (0)g
不溶性食物繊維 (0)g
< 食物繊維総量 > (0)g
灰分 0g
ナトリウム Tr
カリウム Tr
カルシウム Tr
マグネシウム Tr
リン 0mg
Tr
亜鉛 0mg
Tr
マンガン 0mg
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) (0)μg
ビタミンA(α-カロテン)
ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンA(β-クリプトキサンチン)
ビタミンA(β-カロテン当量) (0)μg
ビタミンA(レチノール活性当量) (0)μg
ビタミンB1 (0)mg
ビタミンB2 (0)mg
ナイアシン(ビタミンB3) (0)mg
ビタミンB6 (0)mg
ビタミンB12 (0)μg
葉酸(ビタミンB9) (0)μg
パントテン酸(ビタミンB5) (0)mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC (0)mg
ビタミンD (0)μg
ビタミンE(α-トコフェロール) (0)mg
ビタミンE(β-トコフェロール) (0)mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) (0)mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) (0)mg
ビタミンK (0)μg
食塩相当量 0g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
果糖の炭水化物成分表(1) 可食部100g当たりの利用可能炭水化物及び糖アルコール
炭水化物、糖アルコール 単位: /100g
水分 0.1g
単糖当量 (99.9)g
でん粉 (0)g
ぶどう糖 (0)g
果糖 (99.9)g
ガラクトース (0)g
しょ糖 (0)g
麦芽糖 (0)g
乳糖 (0)g
トレハロース (0)g
<計>(利用可能炭水化物) (99.9)g
ソルビトール(糖アルコール)
マンニトール(糖アルコール)
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
炭水化物が全て果糖であると仮定して推計   
[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ