栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

ショウガ

ガマンいらずでおいしい!減塩の工夫あれこれ

食事をおいしくするうえで大切な塩味も、摂りすぎれば心臓・脳の血管・腎臓などに負担をかけます。かといって、ただ我慢するのではつらいだけですよね。そこで、無理なくおいしく減塩するためのコツをご紹介します。

うまみをプラスする

だしのきいた料理は薄味でもおいしくなります。塩味をつける前にうま味を加えましょう。

[スポンサーリンク]

だしが出る食材

魚・肉・干ししいたけ・切干大根・海藻・きのこ・貝など

利用例

  • 水戻しした切干大根を刻んでハンバーグのタネに混ぜ合わせれば、うまみがプラスされ、カロリーダウンにつながります。戻し汁もタネやソースに加えると味に深みが増します。

  • 冷凍したきのこを根菜汁に加えて調理すると、きのこのうま味が増し、醤油や味噌などの塩分を抑えられます。

スパイス・香味野菜を活用する

塩や醤油の代わりにスパイスや香味野菜を使うと、料理の味が引き締まります。

おすすめのスパイス・香味野菜

  • コショウ・カレー粉・山椒・七味唐辛子・わさび・マスタード

  • ねぎ・青じそ・ショウガ・ミョウガ・ローズマリーなどのハーブ類

利用例

  • 唐揚げの下味にコショウと山椒を利用すれば、塩分を抑えられます。

いろいろな酢を活用する

塩分を減らして酸味をプラスすると、味を補ってほどよい仕上がりになります。

活用できる酢

米酢・玄米酢・黒酢・りんご酢・ワインビネガー・バルサミコ酢など

利用例

  • コンソメスープに、醤油を少なめにして酢を加えると、ほどよい酸味のきいた仕上がりになります。

  • 焼き魚に醤油をかける習慣をお酢に変えましょう。酸味が塩味を引き立て、少ない塩気でもおいしく感じられます。

プラス発想で楽しく!

「塩を引く」というより「うま味や香味、酸味を足す」という発想で、楽しみながら減塩しましょう。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ