栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

茗荷(みょうが)の効能とおすすめレシピ

茗荷には、食物繊維やカリウム、マグネシウム、カルシウムが多く含まれています。
その栄養効果として、生活習慣病予防、便秘・吹出物の解消、肥満予防、食欲増進、眠気覚まし、発汗促進、消化促進、呼吸器機能向上、月経不順・更年期障害の症状の改善、生理痛の解消、解熱・解毒作用、口内炎・喉の痛みの緩和、風邪予防、鎮静作用、ストレス緩和、整腸作用、がん予防効果などが期待できます。

茗荷(みょうが)の効能

茗荷の原産地は日本もしくは熱帯アジアとされ、北海道から沖縄まで自生し、栽培もされています。夏を代表する香味野菜で、さわやかな香りとほのかな苦味、シャキシャキとした食感が特徴です。

食物繊維が豊富なため、便秘・吹出物の解消や肥満・生活習慣病・がんの予防が期待できるほか、高血圧予防に有効なカリウムも含まれています。

食欲をそそる香りのもとは精油成分のピネンで、鎮静作用・ストレス緩和・眠気覚まし・発汗促進・消化促進のほか、呼吸器の機能を高めて血液循環をよくする働きがあります。また、月経不順・生理痛・更年期障害の症状の改善・解消にも有効です。

さらに、解熱・解毒作用を持つ辛味成分も含まれており、口内炎や喉の痛みの緩和や風邪予防に役立ちます。

花茗荷は、花穂が締まり先端の紅色が鮮やかなものを選びましょう。夏茗荷より大型の秋茗荷のほうが、味も香りも優れています。茗荷たけは茎が白く、巻いている葉の紅色が鮮やかなものを選びます。茎が茶色や緑色のものは固いので避けましょう。
茗荷は傷みやすいので、冷蔵庫で保存する場合は霧吹きなどで湿り気を与えます。

[スポンサーリンク]

茗荷の人気&簡単レシピ

きゅうりとトマトとオクラと茗荷のごま油和え

食べやすく切った具材をすべて混ぜ、ごま油と塩で和えるだけ。とっても簡単なのに箸がとまらない美味しさです。水っぽさを防ぐため、塩は食べる直前に加えてください。茗荷の独特な香りはアルファピネンという精油成分によるもので、発汗、呼吸、血液の循環などの機能に働きかけてくれます。

茗荷のおつまみ

茗荷さえあればあっという間!冷奴のトッピングにも♪しょうゆの量は好みで調節してくださいね。茗荷の香りと辛味には食欲を増進させる働きがあるので、食欲がないときにもおすすめです。

春キャベツと茗荷の浅漬け

塩昆布とすし酢を活用!誰でも簡単に作れる浅漬けです。やわらかい春キャベツと茗荷は相性抜群。サラダ感覚でたっぷり食べられますよ。すし酢を加えることで、適度な酸味と甘み、うまみがプラスされて、とっても深い味わいに。材料を全て加えたら、軽く手でもみこむのが一つのポイント。こうすると野菜から水分が出て、早く漬かります。

茗荷たっぷり目玉焼き

いつもの目玉焼きがガラリと変わる!茗荷の香りと辛味は食欲を刺激してくれるので、あまり食べたくない気分のときもお試しください。

[スポンサーリンク]

茗荷(みょうが)の栄養成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。表の見方や注意事項は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)について:文部科学省のページを参照してください。

茗荷(花穂・生)の食品成分部分をクリックすると開閉します。

茗荷(花穂・生)の成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 12kcal
水分 95.6g
たんぱく質 0.9g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (0.7)g
脂質 0.1g
トリアシルグリセロール当量
飽和脂肪酸
一価不飽和脂肪酸
多価不飽和脂肪酸
コレステロール (0)mg
炭水化物 2.6g
利用可能炭水化物(単糖当量)
水溶性食物繊維 0.4g
不溶性食物繊維 1.7g
< 食物繊維総量 > 2.1g
灰分 0.8g
ナトリウム 1mg
カリウム 210mg
カルシウム 25mg
マグネシウム 30mg
リン 12mg
0.5mg
亜鉛 0.4mg
0.05mg
マンガン 1.17mg
ヨウ素 1μg
セレン 1μg
クロム 0μg
モリブデン 8μg
ビタミンA(レチノール) (0)μg
ビタミンA(α-カロテン) 8μg
ビタミンA(β-カロテン) 27μg
ビタミンA(β-クリプトキサンチン) 0μg
ビタミンA(β-カロテン当量) 31μg
ビタミンA(レチノール活性当量) 3μg
ビタミンB1 0.05mg
ビタミンB2 0.05mg
ナイアシン(ビタミンB3) 0.4mg
ビタミンB6 0.07mg
ビタミンB12 (0)μg
葉酸(ビタミンB9) 25μg
パントテン酸(ビタミンB5) 0.20mg
ビオチン(ビタミンB7) 1.1μg
ビタミンC 2mg
ビタミンD (0)μg
ビタミンE(α-トコフェロール) 0.1mg
ビタミンE(β-トコフェロール) 0mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) 1.2mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) 0.1mg
ビタミンK 20μg
食塩相当量 0g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 3%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
別名: 花みょうが、みょうがの子
廃棄部位: 花茎 
茗荷(花穂・生)のアミノ酸成分表(1) 可食部100g当たり
アミノ酸成分表(1) 単位: /100g
水分 95.6g
たんぱく質 0.9g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (0.7)g
イソロイシン (28)mg
ロイシン (42)mg
リシン(リジン) (22)mg
含硫アミノ酸:メチオニン (9.8)mg
含硫アミノ酸:シスチン (11)mg
含硫アミノ酸 <合計> (20)mg
芳香族アミノ酸:フェニルアラニン (28)mg
芳香族アミノ酸:チロシン (28)mg
芳香族アミノ酸 <合計> (56)mg
トレオニン(スレオニン) (41)mg
トリプトファン (13)mg
バリン (40)mg
ヒスチジン (18)mg
アルギニン (55)mg
アラニン (41)mg
アスパラギン酸 (220)mg
グルタミン酸 (110)mg
グリシン (34)mg
プロリン (25)mg
セリン (73)mg
ヒドロキシプロリン
アミノ酸組成計 (840)mg
アンモニア
剰余アンモニア
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
別名: 花みょうが、みょうがの子
廃棄部位: 花茎
しょうが(根茎・生)から推計 

茗荷たけ(花穂・生)の食品成分

茗荷たけ(花穂・生)の成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 7kcal
水分 97.1g
たんぱく質 0.4g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (0.3)g
脂質 0.1g
トリアシルグリセロール当量
飽和脂肪酸
一価不飽和脂肪酸
多価不飽和脂肪酸
コレステロール (0)mg
炭水化物 1.5g
利用可能炭水化物(単糖当量)
水溶性食物繊維 0.1g
不溶性食物繊維 1.0g
< 食物繊維総量 > 1.1g
灰分 0.8g
ナトリウム Tr
カリウム 350mg
カルシウム 11mg
マグネシウム 7mg
リン 18mg
0.3mg
亜鉛 0.3mg
0.03mg
マンガン 1.44mg
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) (0)μg
ビタミンA(α-カロテン) 0μg
ビタミンA(β-カロテン) 6μg
ビタミンA(β-クリプトキサンチン) 0μg
ビタミンA(β-カロテン当量) 6μg
ビタミンA(レチノール活性当量) 1μg
ビタミンB1 0.02mg
ビタミンB2 0.02mg
ナイアシン(ビタミンB3) 0.1mg
ビタミンB6 0.02mg
ビタミンB12 (0)μg
葉酸(ビタミンB9) 13μg
パントテン酸(ビタミンB5) 0.07mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC 1mg
ビタミンD (0)μg
ビタミンE(α-トコフェロール) 0.1mg
ビタミンE(β-トコフェロール) 0mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) 0.3mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) 0mg
ビタミンK 8μg
食塩相当量 0g
アルコール
硝酸イオン 0.1g
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
別名: 花みょうが、みょうがの子 
茗荷たけ(花穂・生)のアミノ酸成分表(1) 可食部100g当たり
アミノ酸成分表(1) 単位: /100g
水分 97.1g
たんぱく質 0.4g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (0.3)g
イソロイシン (13)mg
ロイシン (19)mg
リシン(リジン) (9.6)mg
含硫アミノ酸:メチオニン (4.3)mg
含硫アミノ酸:シスチン (4.7)mg
含硫アミノ酸 <合計> (9.0)mg
芳香族アミノ酸:フェニルアラニン (13)mg
芳香族アミノ酸:チロシン (12)mg
芳香族アミノ酸 <合計> (25)mg
トレオニン(スレオニン) (18)mg
トリプトファン (5.8)mg
バリン (18)mg
ヒスチジン (7.8)mg
アルギニン (24)mg
アラニン (18)mg
アスパラギン酸 (100)mg
グルタミン酸 (47)mg
グリシン (15)mg
プロリン (11)mg
セリン (32)mg
ヒドロキシプロリン
アミノ酸組成計 (370)mg
アンモニア
剰余アンモニア
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
別名: 花みょうが、みょうがの子
しょうが(根茎・生)から推計
硝酸イオン: 0.1 g 
[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ