栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

栄養

リグニンは生活習慣病予防とがん予防の両方に効果を発揮

リグニンは植物の細胞壁を構成する成分のひとつで、ゴボウなどに多く含まれる不溶性食物繊維です。

リグニンの栄養効果として、抗菌作用、コレステロール減少、生活習慣病・がんの予防、ダイエットなどが期待できます。

リグニンの効能

リグニンには抗菌作用があり、腸内で発がん物質を吸着させるほか、胆汁の主成分である胆汁酸を吸着して体外に排出する働きがあります。

また、胆汁の主成分である胆汁酸を吸着し、体外に排出する働きもあります。

胆汁酸の原料はコレステロールです。つまり、胆汁酸が排出されるということはコレステロールの減少につながるため、ダイエット効果が期待できるということになります。

実際、栄養学の分野では、ピュアココア(ココア豆からカロリーの高いココアバターをしぼったもので、ココアパウダーとしてチョコレートの主原料になる)などに含まれている食物繊維としてのリグニンは難消化であるため、腸管内の残留物の排出や、肥満などの各種生活習慣病の予防やダイエットに役立つとされ、機能のさらなる研究が進んでいます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ