栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

ダイエット

代謝がよく痩せやすい体を作るために続けたい食事習慣とは?

食事系ダイエットの成功に不可欠なキーワード、それは血糖値です。血糖値の上昇・降下を緩やかにすることこそ、やせやすい体を作るカギとなります。

1日3食、規則正しく

朝食を抜くと、朝起きてから昼食までずっと体のエネルギー不足が続きます。さらに、昼食で一気に跳ね上がった血糖値はその後急激に低下しますが、このときの血糖値の変動が大きいほど、食後2〜3時間の空腹感がより強くなり、ストレスの原因になります。
体は寝ている間にもエネルギーやビタミン、水分を大量に消費しているため、それらを朝食できちんと補うことが大切です。
また、食事を抜くことが習慣化してしまうと、体は守りの体制に入り、エネルギーをためこもうとします。この正体こそが脂肪です。食事は1日3回規則正しく摂りましょう。

[スポンサーリンク]

「食べ順」のルールを守る

最近よく聞く「食べ順」も重要です。おすすめの順番は、汁物→野菜→豆・肉・魚・卵など→ご飯です。

(1)汁物

温かい汁物で消化器を温めて消化・吸収をよくします。また、水分がお腹を満たすので一石二鳥です。

(2) 野菜

食物繊維が腸内に長くとどまり、糖質や脂質の吸収を抑えます。また、よくかんで食べることで満腹中枢も刺激します。

(3) 豆・肉・魚・卵など

タンパク質を先に食べると胃に負担がかかりやすいので、このタイミングで摂ります。

(4)ご飯

炭水化物は最後に摂ることで血糖値の急激な上昇を抑え、吸収された糖質が脂肪に変換されるのを防ぎます。

時間をかけてゆっくり食べる

食べ順を守っていても、早食いでは意味がありません。野菜は5分ほどかけ、よくかんで食べることで効果が表れます。食事はなるべく30分以上かけてゆっくり摂りましょう。
また、満腹中枢は視覚的な情報からも刺激を受けるため、「ながら食べ」もNGです。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ