栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

栄養

にんにくに含まれる血液サラサラ成分、MATSとは?

MATSは、にんにくに含まれる成分のひとつで、正式名称をメチルアリルトリスルフィド(methyl allyl trisulfide)といいます。

MATSの栄養効果として、血液サラサラ効果、血栓防止、抗酸化作用、がん予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防などが期待できます。

MATSの効能

MATSには、血栓をできにくくする作用があるとされています。

血栓とは、血液の中の血小板が別の血小板を巻き込んで塊のようになったものをいいます。この血栓が血管の内部を傷つけ、さらに血が流れにくくなると、血管のつまりを引き起こしますが、MATSには、血小板が別の血小板を巻き込む作用を抑える効果があるため、血液中で大きなかさぶたのようなものができないよう働きかけ、さらに、すでに固まってしまった血小板をバラバラにほぐして溶かす効果もあるといわれています。

血栓ができにくくなれば、血栓症の予防につながります。血栓症とは、血管の中にできてしまった血栓がつまりを起こす病気で、脳梗塞や心筋梗塞などが引き起こされるおそれもあります。近年よく耳にするエコノミークラス症候群も血栓症の症状のひとつで、こちらは血栓が肺の動脈を詰まらせる危険があります。

このほか、MATSの強い抗酸化作用が活性酸素を除去することによる、がんや動脈硬化の予防も期待できます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ