栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

ダイエット

紫外線やダイエットでダメージを受けない健康肌を作るには?

肌は、急なダイエットや強い紫外線などの影響を受けると荒れやすくなります。そんなダメージに負けない美肌を作るためにも、食生活を見直すことが肝心です。

まずは生活リズムを整え、食生活レベルを上げる

不規則な生活をし、ダイエットのために食事を抜いた生活をしていると、いくら美容のためにサプリメントを摂ってもその効果を得ることはできません。
まずは生活のリズムを整えて食生活レベルを上げたうえで、肌の健康のための栄養素を含んだサプリメントなどを補給しましょう。

[スポンサーリンク]

これだけは習慣づけよう!

そのためには、次の要素が重要です。

起床・就寝の時間を決める

このリズムを保つことで、肌の代謝をよい状態に保つ基礎ができます。

朝食を食べる

食生活において代謝に最も影響するのが朝食です。朝食べることで体温を上げ、一日中代謝の高い状態を保つため、肌の新陳代謝もアップします。
朝食のメニューも、パンや麺より、白飯に納豆や魚、野菜のおかずといった和食のほうが美肌づくりのためにはおすすめです。

緑黄色野菜を積極的に

以上2つの習慣をキープできるようになったら、ビタミンA・C・Eが多く含まれる緑黄色野菜のメニューを選ぶなどの工夫をしましょう。
サプリメントで補うのはその後のことです。ビタミン類の中には消耗しやすいものもあるので、1日分を1回でではなく、1日のうちで複数回に分けて摂るのがベターです。

糖質・脂質の過剰な制限はNG

ダイエットというととりあえず糖質や脂質を制限しがちです。しかし、糖質は体内でグリコーゲンという形で水と結合して蓄えられるため、糖質を減らすと体内の水も減り、肌の潤いも失われてしまいます。また、脂質の減らしすぎも潤いを失うため、肌にはよくありません。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ