栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

ビタミンC

紫外線対策に欠かせない栄養素とは?

紫外線は、シミ・シワのもとになるだけでなく、皮膚ガンのリスクも増加させます。特に紫外線のピークとなる6〜8月は注意が必要です。

紫外線の種類

太陽光の中には、

  • UV-A(シミ・シワの原因)
  • UV-B(ひどい日焼けや皮膚ガンの原因)
  • UV-C(強力な殺菌力)

の3種類の紫外線が含まれており、そのうち、UV-AとUV-Bがオゾン層を通過して地表に到達します。

[スポンサーリンク]

紫外線対策の栄養素

紫外線対策には、次の栄養素が有効です。

ビタミンC

紫外線によって皮膚に発生する活性酸素を抑え、コラーゲン合成を促進する。また、メラニン色素の生成を抑え、できてしまった色素を無色に還元するのを助ける。

ビタミンE

活性酸素の影響で細胞膜が酸化するのを防ぐ。ビタミンCと一緒に摂ることで相乗効果が期待できる。

βカロテン(ビタミンA)

体内で代謝され、必要な分だけビタミンAになる。ビタミンAには発ガン抑制、皮膚の免疫機能やバリア機能を維持する働きがあるが、βカロテン自体にも強力な活性酸素抑制効果がある。

ビタミンB2

細胞の再生や成長を促進する働きがあり、皮膚の新陳代謝を高める。

亜鉛

細胞の再生に必要なミネラルで、皮膚を正常に保つため、不足すると紫外線に対する皮膚の抵抗力が低下する。

適度な日光浴は大切

害ばかりが注目されがちな紫外線ですが、実はその一方で、ビタミンDの合成という、私たちの体に不可欠な作用も持っています。ビタミンDは骨の形成に重要な働きをしており、骨粗鬆症や骨折の予防に役立つほか、ガンのリスクを低下させることもわかっています。神経質になって紫外線を避けるのではなく、適度に日光を浴びることもまた大切なのです。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ