栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

栄養

オレイン酸は悪玉コレステロールだけを減らす注目の不飽和脂肪酸

オレイン酸は、オリーブ油・キャノーラ油・ナッツ類などに多く含まれる一価不飽和脂肪酸を代表する脂肪酸です。
オレイン酸の栄養効果として、発がん抑制、動脈硬化予防、生活習慣病予防、悪玉コレステロール低減、胃酸過多・胃潰瘍の予防、便秘の予防・改善などが期待できます。

オレイン酸の効能

過酸化脂質の発生を減らす

酸化されにくいため加熱調理にも安心して使えるオレイン酸は、体内で活性酸素と結びついて過酸化脂質となることも避けることができます。

過酸化脂質はDNAに損傷を与えることで発がんを招き、アテローム性動脈硬化にもつながりますが、酸化されにくいオレイン酸の摂取は、発がんや動脈硬化に伴う心筋梗塞・脳梗塞・高血圧・糖尿病などの生活習慣病の予防・改善に役立つといわれています。

悪玉コレステロールだけを減らし、善玉コレステロールは減らさない

オレイン酸の最大の働きは、血液中の悪玉コレステロールを除去して動脈硬化や心臓病、高血圧を予防することです。しかも、多価不飽和脂肪酸と同様、悪玉コレステロールは減らしても善玉コレステロールは減らさないという実験報告もあり、注目を浴びています。

胃酸分泌が少なくなる

オレイン酸は胃での滞在時間が飽和脂肪酸に比べて短いため、その分余計な胃酸を分泌しなくて済みます。このため、胃もたれや胸焼けを起こすことが少なくなり、胃酸過多症胃炎・胃弱・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの予防・改善に効果的です。

便秘を予防・改善

便秘の最大の原因は食物繊維の不足と考えられますが、ダイエットなどで油脂を避けるのも便秘に悪影響を及ぼします。

オレイン酸は石鹸やシャンプーの原料としても用いられていますが、これはオレイン酸が持つ界面活性(乳化)作用によるものです。オレイン酸を摂取すると、この作用で腸内物がやわらかくなり、排便を促します。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ