栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

オイスターソースの栄養とレシピ、食品成分表

オイスターソースには、炭水化物やタンパク質、脂質、ナトリウム、ビタミンB12が多く含まれています。
その栄養効果として、エネルギー補給、成長促進、筋肉強化、体力向上、代謝促進、免疫力強化、細胞機能維持、筋肉の収縮・弛緩の働き維持、神経機能正常化、貧血予防効果などが期待できます。

オイスターソースの栄養

オイスターソースの主原料はカキを塩ゆでした際に出る煮汁で、これを加熱濃縮して小麦粉とでんぷんで濃度を調節したのち、砂糖やうま味調味料などを加えて調味し、アミノカラメルで色を調整して作られます。

中国広東省発祥のソースで、最初にこれを作ったのは、カキの煮汁にうま味成分がたくさん入っていることに着目した李錦記の創始者・李錦裳です。野菜炒めやスープ、各種中華料理、お菓子に至るまで、隠し味として幅広く利用されています。

オイスターソースは、炭水化物やタンパク質、脂質、ナトリウム、ビタミンB12を多く含んでいるため、エネルギー補給、成長促進、筋肉強化、体力向上、代謝促進、免疫力強化、細胞機能維持、筋肉の収縮・弛緩の働き維持、神経機能正常化、貧血予防といった効果が期待できます。

ビタミンB12はオイスターソース100g中2.0μgと豊富に含まれていますが、一日の必要量である2.4μgをオイスターソースだけから摂取しようとすると約大さじ7杯分となり、塩分や糖分の過剰摂取につながるため、使う量には注意が必要です。

[スポンサーリンク]

オイスターソースの人気&簡単レシピ

[スポンサーリンク]

オイスターソースの栄養成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。表の見方や注意事項は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)について:文部科学省のページを参照してください。

オイスターソースの食品成分部分をクリックすると開閉します。

オイスターソースの成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 107kcal
水分 61.6g
たんぱく質 7.7g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (6.1)g
脂質 0.3g
トリアシルグリセロール当量 0.1g
飽和脂肪酸 0.03g
一価不飽和脂肪酸 0.02g
多価不飽和脂肪酸 0.06g
コレステロール 2mg
炭水化物 18.3g
利用可能炭水化物(単糖当量)
水溶性食物繊維 0.2g
不溶性食物繊維 0g
< 食物繊維総量 > 0.2g
灰分 12.1g
ナトリウム 4500mg
カリウム 260mg
カルシウム 25mg
マグネシウム 63mg
リン 120mg
1.2mg
亜鉛 1.6mg
0.17mg
マンガン 0.40mg
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール)
ビタミンA(α-カロテン) Tr
ビタミンA(β-カロテン) Tr
ビタミンA(β-クリプトキサンチン) (0)μg
ビタミンA(β-カロテン当量) (Tr)
ビタミンA(レチノール活性当量)
ビタミンB1 0.01mg
ビタミンB2 0.07mg
ナイアシン(ビタミンB3) 0.8mg
ビタミンB6 0.04mg
ビタミンB12 2.0μg
葉酸(ビタミンB9) 9μg
パントテン酸(ビタミンB5) 0.14mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC Tr
ビタミンD
ビタミンE(α-トコフェロール) 0.1mg
ビタミンE(β-トコフェロール) Tr
ビタミンE(γ-トコフェロール) Tr
ビタミンE(δ-トコフェロール) Tr
ビタミンK 1μg
食塩相当量 11.4g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
別名:牡蠣油 
オイスターソースのアミノ酸成分表(1) 可食部100g当たり
アミノ酸成分表(1) 単位: /100g
水分 61.6g
たんぱく質 7.7g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (6.1)g
イソロイシン (95)mg
ロイシン (150)mg
リシン(リジン) (160)mg
含硫アミノ酸:メチオニン (35)mg
含硫アミノ酸:シスチン (60)mg
含硫アミノ酸 <合計> (95)mg
芳香族アミノ酸:フェニルアラニン (87)mg
芳香族アミノ酸:チロシン ((Tr))mg
芳香族アミノ酸 <合計> (87)mg
トレオニン(スレオニン) (110)mg
トリプトファン (0)mg
バリン (130)mg
ヒスチジン (87)mg
アルギニン (100)mg
アラニン (860)mg
アスパラギン酸 (320)mg
グルタミン酸 (3900)mg
グリシン (800)mg
プロリン (160)mg
セリン (130)mg
ヒドロキシプロリン
アミノ酸組成計 (7200)mg
アンモニア
剰余アンモニア
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
別名:牡蠣油
NILSアミノ酸成分表から推計 
オイスターソースの脂肪酸成分表(1) 可食部100g当たり
脂肪酸成分表(1) 単位: /100g
水分 61.6g
脂質 0.3g
トリアシルグリセロール当量 0.1g
脂肪酸総量 0.11g
飽和脂肪酸 0.03g
一価不飽和脂肪酸 0.02g
多価不飽和脂肪酸 0.06g
n-3系多価不飽和脂肪酸 0.03g
n-6系多価不飽和脂肪酸 0.03g
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0mg
(12:0) ラウリン酸 0mg
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 4mg
(15:0) ペンタデカン酸 1mg
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 23mg
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 1mg
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 5mg
(20:0) アラキジン酸 Tr
(22:0) ベヘン酸 0mg
(24:0) リグノセリン酸 0mg
(10:1) デセン酸 0mg
(14:1) ミリストレイン酸 0mg
(15:1) ペンタデセン酸 0mg
(16:1) パルミトレイン酸 5mg
(17:1) ヘプタデセン酸 Tr
(18:1) <計> 14mg
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 1mg
(22:1) ドコセン酸 0mg
(24:1) テトラコセン酸 0mg
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0mg
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0mg
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0mg
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 14mg
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 3mg
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0mg
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 4mg
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0mg
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 Tr
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 1mg
(20:4) n-6 アラキドン酸 2mg
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 21mg
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0mg
(22:2) ドコサジエン酸 0mg
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 12mg
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 1mg
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 Tr
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 0mg
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
別名:牡蠣油 
オイスターソースの脂肪酸成分表(2) 脂肪酸100g当たりの脂肪酸組成表
脂肪酸成分表(2) 単位: g/100g 脂肪酸総量
脂肪酸総量 374
飽和脂肪酸 115
一価不飽和脂肪酸 66
多価不飽和脂肪酸 193
n-3系多価不飽和脂肪酸 96
n-6系多価不飽和脂肪酸 97
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0
(12:0) ラウリン酸 0.1
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 3.4
(15:0) ペンタデカン酸 0.7
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 20.6
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 1.1
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 4.4
(20:0) アラキジン酸 0.4
(22:0) ベヘン酸 0
(24:0) リグノセリン酸 0
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 Tr
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 4.1
(17:1) ヘプタデセン酸 0.3
(18:1) <計> 12.0
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 1.2
(22:1) ドコセン酸 0
(24:1) テトラコセン酸 0.1
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6リノール酸 12.5
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 2.4
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 3.5
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0.1
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0.1
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0.9
(20:4) n-6 アラキドン酸 1.9
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 18.4
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 11.1
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 0.5
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0.3
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 0
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
別名:牡蠣油 
オイスターソースの脂肪酸成分表(3) 脂質1g当たり
脂肪酸成分表(3) 単位: mg/g 脂質
脂肪酸総量 374
飽和脂肪酸 115
一価不飽和脂肪酸 66
多価不飽和脂肪酸 193
n-3系多価不飽和脂肪酸 96
n-6系多価不飽和脂肪酸 97
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0
(12:0) ラウリン酸 Tr
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 13
(15:0) ペンタデカン酸 2
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 77
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 4
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 17
(20:0) アラキジン酸 2
(22:0) ベヘン酸 0
(24:0) リグノセリン酸 0
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 Tr
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 15
(17:1) ヘプタデセン酸 1
(18:1) <計> 45
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 4
(22:1) ドコセン酸 0
(24:1) テトラコセン酸 Tr
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 47
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 9
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 13
(20:2) n-6 イコサジエン酸 Tr
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 Tr
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 3
(20:4) n-6 アラキドン酸 7
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 69
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 41
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 2
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 1
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 0
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
別名:牡蠣油   
[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ