栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

栄養

ペクチンは生活習慣病予防に有効な食物繊維

ペクチンは果物に多く含まれている食物繊維で、水溶性と不溶性の両方を持つ天然の多糖類です。

ペクチンの栄養効果として、コレステロール低下、糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞・肥満・便秘の予防・改善、整腸作用、善玉菌増加などが期待できます。

ペクチンの効能

ペクチンには、コレステロール低下、肥満・便秘の予防・改善などに効果があるといわれています。

ペクチンは整腸作用があり、下痢や便秘を予防するほか、血中の悪玉コレステロール値を下げる働きもあるため、糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞にもよい効果をあげるとして注目されています。
りんごに含まれるペクチンにはケイ素というミネラルが多く含まれており、腸内の善玉菌を増やす働きがあるといわれています。

このりんごペクチンに多く含まれるケイ素は必須性が明らかになりつつある元素のひとつで、コラーゲンを束ねて結合組織を強化します。そのため、不足すると皮膚がたるんでシワができるほか、爪が割れる、髪が抜ける、腱や血管が弱くなるなどの症状が現われます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ