栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

カルシウム

ちょっと意識してみよう!食べ合わせのよくない食材

昔から食べ合わせの悪い食材についてはいくつかいわれてきていますが、栄養上ちゃんとした根拠のあるよくない組み合わせは、実はこんなにあります。

枝豆/玄米/ごま+チーズ

チーズにはカルシウムが含まれており、枝豆・玄米・ごまにはフィチン酸が多く含まれているのですが、このフィチン酸がカルシウムと結合すると、カルシウムの吸収を妨げてしまいます。

[スポンサーリンク]

ほうれん草+チーズ

ほうれん草に含まれているシュウ酸が、チーズのカルシウムの吸収を妨げてしまいます。

トマト/大根/いちご+きゅうり/にんじん

トマト・大根・いちごにはビタミンCが豊富に含まれており、きゅうり・にんじんにはアスコルビナーゼが含まれているのですが、このアスコルビナーゼにはビタミンCを破壊する作用があります。また、いずれの食品にも体を冷やす作用があります。
ただし、酢やレモンにはアスコルビナーゼの働きを抑える作用があります。さらに、アスコルビナーゼは熱に弱いので、加熱調理がおすすめです。

赤貝+イクラ/強化米

赤貝にはアノイリナーゼという酵素が含まれており、イクラや強化米にはビタミンB1が含まれているのですが、このアノイリナーゼがビタミンB1を破壊してしまいます。

ひじき+カキ

カキには亜鉛、ひじきには食物繊維が多く含まれていますが、この食物繊維が亜鉛の吸収を妨げてしまいます。

紅茶/コーヒー/緑茶+ひじき/プルーン/レバー

ひじき・プルーン・レバーには鉄が豊富に含まれており、コーヒー・紅茶・緑茶にはタンニンが含まれていますが、このタンニンが鉄の吸収を妨げてしまいます。
ただし、ビタミンCを一緒に摂れば、鉄分の吸収率はアップします。

あくまでも参考程度にとどめて

とはいえ、普通量を食べる分には、これらの食べ合わせを神経質に避ける必要はありません。あくまでも参考にする程度にしておきましょう。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ