栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

ビタミンC

男爵とメークイン、ポテトサラダに向いているのはどっち?

最近ではキタアカリやインカのめざめなど、さまざまな新品種が登場しているじゃがいもですが、今回はそのなかから、男爵とメークインの違いやそれぞれの特徴についてご説明したいと思います。

あなたはどっち派?

一般的に、カレーやシチューなどの煮込み料理には煮くずれしにくいメークイン、ポテトサラダやコロッケなどつぶして使う料理には男爵というように、料理によってじゃがいもの品種を使い分けている人が多いと思います。
しかし、人によっては逆のほうが好みという場合もあるかもしれません。そこで、男爵とメークインそれぞれの特徴を挙げてみます。

[スポンサーリンク]

つぶしやすさとホクホク感が魅力の男爵

粉質でつぶしやすくホクホクしていることから、ポテトサラダは男爵で作るのが一般的となっています。メークインと比べていもの味がとてもはっきりしているので、調味料をあまり使わず、シンプルな調理法でいただくのがおすすめです。
また、皮がむきやすいのも作り手にとってはうれしいポイントです。

なめらかで具材とのまとまりがいいメークイン

一方、メークインは粘質のため、ポテトサラダに使うと具材やマヨネーズとうまくまとまります。なめらかでしっとりしているので、時間が経つごとに味がなじみ、おいしさも増します。
ただ、きめが細かい分、男爵に比べてつぶすのが少し大変かもしれません。

加熱してもビタミンCが壊れにくい

このように、同じじゃがいもでも大きな違いがあります。じゃがいもの種類は200種以上もあるので、いろいろな品種を使ってさまざまな料理を作り、自分のお気に入りを見つけてみてください。
ちなみに、じゃがいもの主な栄養素であるビタミンCは本来熱に弱い成分ですが、じゃがいもの場合はでんぷんに包まれているため、加熱しても壊れにくく、損失の心配はありません。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ