栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

アンチエイジング

ご存じですか?くだものの適正摂取量

「朝のくだものは金、昼は銀、夜は銅」というヨーロッパのことわざのように、昔からくだものを食べるのに最もふさわしいのは朝と考えられています。これにはどんな根拠があるのでしょうか?

適量を守ることが肝心

くだものは、エネルギーが不足している起床時の脳に、主なエネルギー源であるブドウ糖を効率的に補給できるため、朝に食べるのが理にかなっているとされています。
ただし、食べすぎは血糖値や中性脂肪を上げる原因にもなるので、適量を守りましょう。

[スポンサーリンク]

くだものの適正量、2SVとは?

農林水産省により、1日に何をどれだけ食べたらよいのかという目安が示されている「食事バランスガイド」では、くだものの適正量は2SVとして示されています。
2SVは、

  • りんご 1個
  • 梨 1個
  • みかん 2個
  • 柿 2個
  • 桃 2個
  • ぶどう 1房
  • バナナ 2本
  • キウイフルーツ 2個

に該当しますが、糖尿病の方はこの半量が目安です。

秋のくだものにはこんな栄養が!

では、秋のくだものを例に、主な健康効果を挙げてみましょう。

ビタミンCが豊富で、老化・動脈硬化・心筋梗塞・貧血の予防、免疫力アップ、ストレス緩和などの働きがあります。

水溶性食物繊維のペクチンが豊富で、動脈硬化予防や血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。

銅があらゆる酵素の材料になるほか、ヘモグロビンの合成を助けたり活性酸素を除去したりします。
また、リグニンという食物繊維が便秘や大腸ガンの予防に働きます。

ぶどう

ブドウ糖や果糖が肉体疲労時の栄養補給に有効です。
また、アントシアニンやフラボノイド色素の強い抗酸化作用により、動脈硬化予防が期待されます。

加工品ではダメ?

缶詰やジュースでは糖分の量が格段に増えてしまいますので、くだものは生の形で摂るのがおすすめです。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ