栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

βカロテン

捨てるところナシ!?かぼちゃのまるごと活用術

かぼちゃには、現代人の健康に不可欠な栄養がたっぷり含まれています。そんなかぼちゃをまるごと使って、栄養を余すところなくいただいてしまいましょう。

油をプラスして吸収率アップ

かぼちゃに豊富なβカロテンとビタミンEはいずれも油溶性のため、油と一緒に摂ると効率よく体内に吸収されます。つまり、油を使った調理をするか、油を含む食材と一緒に食べるようにすれば、かぼちゃのβカロテンやビタミンEを逃さず摂取できるというわけです。
また、揚げたりソテーしたりするほか、ゆでてドレッシングやマヨネーズをかけてサラダにしてもOKです。
煮物にする場合も、あらかじめごま油などで炒めたり、油脂分を含む肉と一緒に煮たりするのがおすすめです。

[スポンサーリンク]

つけ合わせとしても大活躍

かぼちゃをたっぷり食べるには、煮物や天ぷらなど、かぼちゃがメインの料理にするのがベストですが、毎回それでは飽きてしまいますので、もっと頻繁に食卓に登場させるために、料理のつけ合わせに使うのも一案です。油を使ったつけ合わせで、βカロテンやビタミンEを効率よく摂りましょう。

素揚げ

揚げもののとき、揚げ油でかぼちゃの薄切りをさっと素揚げしてつけ合わせる。

焼く

ステーキやハンバーグのとき、フライパンの空いたところでかぼちゃの薄切りを焼いて付け合わせる。

マッシュする

まとめてゆでてつぶし、1回分ずつ小分けして冷凍しておく。解凍したら、塩コショウで味つけし、バターを混ぜるかマヨネーズであえる。

わたや種もフル活用

かぼちゃのわたや種にも、栄養がたっぷりつまっています。特にわたにはβカロテンが実よりも豊富に含まれていますので、煮物などのときはわたも一緒に煮るのがおすすめです。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ