栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

紅花油(サフラワー油)の効能とおすすめレシピ、食品成分表

紅花油には、リノール酸やビタミンE、オレイン酸が多く含まれています。
その栄養効果として、血行促進、冷え性・月経痛の改善、アンチエイジング、抗酸化作用、胃酸過多・胃もたれ・胃潰瘍の予防、便秘の予防・改善、コレステロール減少、動脈硬化・高血圧・心臓病の予防・改善効果などが期待できます。

紅花油(サフラワー油)の効能

紅花油(サフラワー油)は、キク科の植物である紅花の種子から作られる油です。

紅花油には、血行を促して冷え性や月経痛を改善したり、抗酸化作用によって老化を防いだりする効果があるとされるビタミンEが豊富に含まれています。

一方、紅花油に含まれている脂肪酸の70%を占めるリノール酸が、過剰摂取によってアレルギー症状や心筋梗塞、がんの引き金になるとの報告がなされたことにより、品種改良されて多く出回るようになったハイオレイックタイプの紅花油には、胃酸過多や胃もたれ、胃潰瘍を防ぐ働きがあるとされるオレイン酸が豊富に含まれています。

さらに、このオレイン酸やカルコンには腸内環境を整える働きがあるため、便秘の予防・改善にも有効です。

リノール酸とオレイン酸は、いずれも血液内の悪玉コレステロールを減少させる働きがあるため、動脈硬化や高血圧、心臓病の予防・改善に効果が期待できます。

[スポンサーリンク]

紅花油の人気&簡単レシピ

べに花油でにんじんドレッシング

オリーブオイルと同じくらいのオレイン酸が含まれている紅花油は、さらっとしていてクセがなくビタミンEも摂取できます。フードプロセッサーより普通のミキサーの方が簡単で人参が細かくなります。

ふんわりシフォンケーキ

ホットケーキミックスを使っているので、しっとりふわふわ♪小麦粉を使うより、焼き縮みが少ないです。失敗しにくいので初心者さんも試してみてください。

サラダがおかずになるドレッシング

「紅花油で作るのがいちばん美味しい」という声も♪にんじんを多めにするとオレンジ色がキレイで、見ても食べても美味しく仕上がります。

香漢水煮魚(真鯛のスパイス油煮込み)

料理の仕上げにアツアツの香り油をかけるのが、この料理の見所。ジュー!という音と香りをぜひ楽しんで♪鯛の代わりに牛肉を使うと油通しの必要がなく、より手軽に作れます。

にんにく紅花オイル

和風にも洋風にもぴったり。冷蔵保管をして3ヶ月後には、にんにくの風味が紅花油に移って良い感じに♪にんにくの中央が、淡いピンクに変色するようですよ。

[スポンサーリンク]

紅花油(サフラワー油)の栄養成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。表の見方や注意事項は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)について:文部科学省のページを参照してください。

紅花油(ハイオレイック)の食品成分部分をクリックすると開閉します。

紅花油(ハイオレイック)の成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 921kcal
水分 0g
たんぱく質 0g
アミノ酸組成によるたんぱく質
脂質 100.0g
トリアシルグリセロール当量 98.5g
飽和脂肪酸 7.36g
一価不飽和脂肪酸 73.24g
多価不飽和脂肪酸 13.62g
コレステロール 0mg
炭水化物 0g
利用可能炭水化物(単糖当量)
水溶性食物繊維 0g
不溶性食物繊維 0g
< 食物繊維総量 > 0g
灰分 0g
ナトリウム 0mg
カリウム 0mg
カルシウム 0mg
マグネシウム 0mg
リン Tr
0mg
亜鉛 0mg
0mg
マンガン 0mg
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) 0μg
ビタミンA(α-カロテン) 0μg
ビタミンA(β-カロテン) 0μg
ビタミンA(β-クリプトキサンチン) 0μg
ビタミンA(β-カロテン当量) 0μg
ビタミンA(レチノール活性当量) 0μg
ビタミンB1 0mg
ビタミンB2 0mg
ナイアシン(ビタミンB3) 0mg
ビタミンB6 (0)mg
ビタミンB12 (0)μg
葉酸(ビタミンB9) (0)μg
パントテン酸(ビタミンB5) (0)mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC (0)mg
ビタミンD (0)μg
ビタミンE(α-トコフェロール) 27.1mg
ビタミンE(β-トコフェロール) 0.6mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) 2.3mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) 0.3mg
ビタミンK 10μg
食塩相当量 0g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
試料: 精製油
別名: サフラワー油、サフラワーオイル
植物油脂類 
紅花油(ハイオレイック)の脂肪酸成分表(1) 可食部100g当たり
脂肪酸成分表(1) 単位: /100g
水分 0g
脂質 100.0g
トリアシルグリセロール当量 98.5g
脂肪酸総量 94.21g
飽和脂肪酸 7.36g
一価不飽和脂肪酸 73.24g
多価不飽和脂肪酸 13.62g
n-3系多価不飽和脂肪酸 0.21g
n-6系多価不飽和脂肪酸 13.41g
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0mg
(12:0) ラウリン酸 0mg
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 68mg
(15:0) ペンタデカン酸 41mg
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 4500mg
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 0mg
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 1900mg
(20:0) アラキジン酸 400mg
(22:0) ベヘン酸 300mg
(24:0) リグノセリン酸 190mg
(10:1) デセン酸 0mg
(14:1) ミリストレイン酸 0mg
(15:1) ペンタデセン酸 0mg
(16:1) パルミトレイン酸 91mg
(17:1) ヘプタデセン酸 0mg
(18:1) <計> 73000mg
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 280mg
(22:1) ドコセン酸 0mg
(24:1) テトラコセン酸 190mg
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0mg
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0mg
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0mg
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 13000mg
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 210mg
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0mg
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 0mg
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0mg
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0mg
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0mg
(20:4) n-6 アラキドン酸 0mg
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 0mg
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0mg
(22:2) ドコサジエン酸 0mg
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0mg
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 0mg
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0mg
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 0mg
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
試料: 精製油
別名: サフラワー油、サフラワーオイル
植物油脂類 
紅花油(ハイオレイック)の脂肪酸成分表(2) 脂肪酸100g当たりの脂肪酸組成表
脂肪酸成分表(2) 単位: g/100g 脂肪酸総量
脂肪酸総量 942
飽和脂肪酸 74
一価不飽和脂肪酸 732
多価不飽和脂肪酸 136
n-3系多価不飽和脂肪酸 2
n-6系多価不飽和脂肪酸 134
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0
(12:0) ラウリン酸 0
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 0.1
(15:0) ペンタデカン酸 Tr
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 4.7
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 0
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 2.0
(20:0) アラキジン酸 0.4
(22:0) ベヘン酸 0.3
(24:0) リグノセリン酸 0.2
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 0
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 0.1
(17:1) ヘプタデセン酸 0
(18:1) <計> 77.1
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 0.3
(22:1) ドコセン酸 0
(24:1) テトラコセン酸 0.2
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6リノール酸 14.2
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 0.2
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 0
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0
(20:4) n-6 アラキドン酸 0
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 0
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 0
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 0
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
試料: 精製油
別名: サフラワー油、サフラワーオイル
植物油脂類 
紅花油(ハイオレイック)の脂肪酸成分表(3) 脂質1g当たり
脂肪酸成分表(3) 単位: mg/g 脂質
脂肪酸総量 942
飽和脂肪酸 74
一価不飽和脂肪酸 732
多価不飽和脂肪酸 136
n-3系多価不飽和脂肪酸 2
n-6系多価不飽和脂肪酸 134
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0
(12:0) ラウリン酸 0
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 1
(15:0) ペンタデカン酸 Tr
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 45
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 0
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 19
(20:0) アラキジン酸 4
(22:0) ベヘン酸 3
(24:0) リグノセリン酸 2
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 0
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 1
(17:1) ヘプタデセン酸 0
(18:1) <計> 727
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 3
(22:1) ドコセン酸 0
(24:1) テトラコセン酸 2
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 134
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 2
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 0
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0
(20:4) n-6 アラキドン酸 0
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 0
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 0
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 0
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
試料: 精製油
別名: サフラワー油、サフラワーオイル
植物油脂類   

紅花油(ハイリノール)の食品成分

紅花油(ハイリノール)の成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 921kcal
水分 0g
たんぱく質 0g
アミノ酸組成によるたんぱく質
脂質 100.0g
トリアシルグリセロール当量 96.6g
飽和脂肪酸 9.26g
一価不飽和脂肪酸 12.94g
多価不飽和脂肪酸 70.19g
コレステロール 0mg
炭水化物 0g
利用可能炭水化物(単糖当量)
水溶性食物繊維 0g
不溶性食物繊維 0g
< 食物繊維総量 > 0g
灰分 0g
ナトリウム 0mg
カリウム 0mg
カルシウム 0mg
マグネシウム 0mg
リン Tr
0mg
亜鉛 0mg
0mg
マンガン 0mg
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) 0μg
ビタミンA(α-カロテン) 0μg
ビタミンA(β-カロテン) 0μg
ビタミンA(β-クリプトキサンチン) 0μg
ビタミンA(β-カロテン当量) 0μg
ビタミンA(レチノール活性当量) 0μg
ビタミンB1 0mg
ビタミンB2 0mg
ナイアシン(ビタミンB3) 0mg
ビタミンB6 (0)mg
ビタミンB12 (0)μg
葉酸(ビタミンB9) (0)μg
パントテン酸(ビタミンB5) (0)mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC (0)mg
ビタミンD (0)μg
ビタミンE(α-トコフェロール) 27.1mg
ビタミンE(β-トコフェロール) 0.6mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) 2.3mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) 0.3mg
ビタミンK 10μg
食塩相当量 0g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
試料: 精製油
別名: サフラワー油、サフラワーオイル
植物油脂類 
紅花油(ハイリノール)の脂肪酸成分表(1) 可食部100g当たり
脂肪酸成分表(1) 単位: /100g
水分 0g
脂質 100.0g
トリアシルグリセロール当量 96.6g
脂肪酸総量 92.40g
飽和脂肪酸 9.26g
一価不飽和脂肪酸 12.94g
多価不飽和脂肪酸 70.19g
n-3系多価不飽和脂肪酸 0.22g
n-6系多価不飽和脂肪酸 69.97g
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0mg
(12:0) ラウリン酸 0mg
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 110mg
(15:0) ペンタデカン酸 42mg
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 6300mg
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 0mg
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 2200mg
(20:0) アラキジン酸 300mg
(22:0) ベヘン酸 190mg
(24:0) リグノセリン酸 120mg
(10:1) デセン酸 0mg
(14:1) ミリストレイン酸 0mg
(15:1) ペンタデセン酸 0mg
(16:1) パルミトレイン酸 74mg
(17:1) ヘプタデセン酸 0mg
(18:1) <計> 13000mg
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 220mg
(22:1) ドコセン酸 0mg
(24:1) テトラコセン酸 140mg
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0mg
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0mg
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0mg
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 70000mg
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 220mg
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0mg
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 0mg
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0mg
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0mg
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0mg
(20:4) n-6 アラキドン酸 0mg
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 0mg
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0mg
(22:2) ドコサジエン酸 0mg
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0mg
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 0mg
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0mg
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 0mg
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
試料: 精製油
別名: サフラワー油、サフラワーオイル
植物油脂類 
紅花油(ハイリノール)の脂肪酸成分表(2) 脂肪酸100g当たりの脂肪酸組成表
脂肪酸成分表(2) 単位: g/100g 脂肪酸総量
脂肪酸総量 924
飽和脂肪酸 93
一価不飽和脂肪酸 129
多価不飽和脂肪酸 702
n-3系多価不飽和脂肪酸 2
n-6系多価不飽和脂肪酸 700
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0
(12:0) ラウリン酸 0
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 0.1
(15:0) ペンタデカン酸 Tr
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 6.8
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 0
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 2.4
(20:0) アラキジン酸 0.3
(22:0) ベヘン酸 0.2
(24:0) リグノセリン酸 0.1
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 0
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 0.1
(17:1) ヘプタデセン酸 0
(18:1) <計> 13.5
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 0.2
(22:1) ドコセン酸 0
(24:1) テトラコセン酸 0.2
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6リノール酸 75.7
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 0.2
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 0
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0
(20:4) n-6 アラキドン酸 0
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 0
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 0
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 0
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
試料: 精製油
別名: サフラワー油、サフラワーオイル
植物油脂類 
紅花油(ハイリノール)の脂肪酸成分表(3) 脂質1g当たり
脂肪酸成分表(3) 単位: mg/g 脂質
脂肪酸総量 924
飽和脂肪酸 93
一価不飽和脂肪酸 129
多価不飽和脂肪酸 702
n-3系多価不飽和脂肪酸 2
n-6系多価不飽和脂肪酸 700
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0
(12:0) ラウリン酸 0
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 1
(15:0) ペンタデカン酸 Tr
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 63
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 0
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 22
(20:0) アラキジン酸 3
(22:0) ベヘン酸 2
(24:0) リグノセリン酸 1
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 0
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 1
(17:1) ヘプタデセン酸 0
(18:1) <計> 125
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 2
(22:1) ドコセン酸 0
(24:1) テトラコセン酸 1
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 700
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 2
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 0
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0
(20:4) n-6 アラキドン酸 0
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 0
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 0
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 0
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 0
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
試料: 精製油
別名: サフラワー油、サフラワーオイル
植物油脂類   
[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ