栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

EPA・DHA

おいしく減塩したい人にはシソの活用がおすすめ!

さわやかな香りで食欲を刺激するシソは、大葉とも呼ばれています。シソの効用は古くから知られており、奈良時代にはすでに薬用として使われていました。

花粉症を緩和してくれることでおなじみの香味野菜

シソのβカロテン含有量はブロッコリーの10倍以上で、しかもカルシウム・カリウム・鉄・リンなどのミネラルもたっぷり含まれています。
シソの主成分であるロズマリン酸には、活性酸素を除去する働きがあります。また、体内の炎症反応を抑える力も抜群で、アトピー性疾患・花粉症・金属アレルギーなどの症状を緩和してくれます。

[スポンサーリンク]

刺身のつまとして添えられるのにはこんな理由が

シソ独特の香りは、ペリルアルデヒド・リモネン・ピネンなどの精油成分によるものですが、抗菌・殺菌作用のほか、嗅覚を刺激して食欲を増進させ、消化吸収を助けて胃腸の調子を整える作用があります。
さらにこの精油成分には、αリノレン酸が含まれているので、ガンやアレルギーなどの予防に有効です。また、αリノレン酸は体内でEPA・DHAに変わるため、血流をサラサラにし、動脈硬化や心臓病、脳血管障害を防いでくれます。
また、ペリルアルデヒドには、咳を鎮める働きや強い殺菌・防腐作用もあります。つまり、シソが刺身のつまとして添えられているのは、実に理にかなったことだったのです。

薄味の物足りなさをカバーするスグレモノ

高血圧の予防・改善には塩分を控えることが大切です。シソの香りは薄味の物足りなさをカバーしてくれるので、味噌汁の吸い口に添えるなど、減塩の工夫にも積極的に利用しましょう。

ビタミンCの多い野菜や果物と合わせて貧血予防

鉄分を多く含むシソは、ビタミンCの多いトマト・ゴーヤ・ピーマンなどの野菜や果物類と合わせれば、より鉄分の吸収を助け、貧血予防の効果がアップします。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ