栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

トラフグの効能とおすすめレシピ

トラフグには、アミノ酸やタウリン、セレン、コラーゲンが多く含まれています。
その栄養効果として、疲労回復、スタミナ増強、免疫力強化、がん予防、美肌効果などが期待できます。

トラフグの効能

トラフグはフグ目フグ科に属する魚で、北海道南部から東シナ海、黄海に広く分布していますが、稚魚のころは汽水域にも生息しています。

食用としては高級魚として知られていますが、テトロドトキシンという神経毒を肝臓や卵巣、皮に持っているため、取り扱いにはほかのふぐと同様に免許を必要とします。ただし、養殖物には無毒のものもあります。

トラフグの旬は、天然物は12月〜2月にかけて、養殖物は通年となっており、刺身(てっさ)・ちり鍋(てっちり)・ひれ酒・唐揚げ・焼きフグ・雑炊・寿司などで食されます。

高タンパク・低脂肪のため、健康維持には有効な食材といえます。骨や歯を丈夫にするのに不可欠なタンパク質のほかにも、グルタミン酸やイノシン酸といったうまみ成分のアミノ酸や、タウリン、セレン、コラーゲンが豊富に含まれているため、疲労回復・スタミナ増強・がん予防・免疫力強化・美肌づくりなどに期待が持てます。

トラフグは、下処理をしっかりしないと有毒部分の毒が筋肉へ移ってしまうため、保存には専門的な知識が必要となります。調理済のパックや、ふぐ刺し・ふぐ鍋用のセットを購入することも出来ます。

[スポンサーリンク]

トラフグの人気&簡単レシピ

てっちり

フグの中でもサバふぐなどは旨味が出にくく、最も美味しいのがとらふぐなんだそうです。とらふぐのアラから旨味がたっぷり出るので、出汁は昆布だけで十分。雑炊のご飯は洗ってぬめりを取り、あっさり仕上げましょう。

トラフグの唐揚げ塩ポン酢

周りの皮には美肌に欠かせないコラーゲンが豊富。カリッと揚げておいしく頂きましょう♪ヒレも一緒に揚げて、粗塩やポン酢などお好きなものでお楽しみください。

トラフグのカルパッチョ

お祝いごとにぴったり。クリスマスやお誕生会など、誰かのために作ると喜ばれること間違いなし。もちろん自分へのご褒美にも♪盛りつけ方も腕の見せどころですよ。

トラフグの寄せ鍋

高野豆腐は必ず最後に入れてくださいね。味を付ける前に入れて煮てしまうと、高野豆腐がぼろぼろに崩れてしまいます。「プチッと鍋」を使えば味付けに自信がない方も失敗なし!

トラフグカレー

アラを多めにつかってふぐちりを楽しんだ後は、ミキサーの出番。この処理をするとしないとでは雲泥の差です。

[スポンサーリンク]

トラフグの栄養成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。表の見方や注意事項は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)について:文部科学省のページを参照してください。

トラフグ(生・養殖)の食品成分部分をクリックすると開閉します。

トラフグ(生・養殖)の成分表 可食部100g当たり
[ 成分表 ] 単位: /100g
エネルギー 85kcal
水分 78.9g
たんぱく質 19.3g
アミノ酸組成によるたんぱく質
脂質 0.3g
トリアシルグリセロール当量 0.2g
飽和脂肪酸 0.06g
一価不飽和脂肪酸 0.04g
多価不飽和脂肪酸 0.10g
コレステロール 65mg
炭水化物 0.2g
利用可能炭水化物(単糖当量)
水溶性食物繊維 (0)g
不溶性食物繊維 (0)g
< 食物繊維総量 > (0)g
灰分 1.3g
ナトリウム 100mg
カリウム 430mg
カルシウム 6mg
マグネシウム 25mg
リン 250mg
0.2mg
亜鉛 0.9mg
0.02mg
マンガン 0.01mg
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン
ビタミンA(レチノール) 3μg
ビタミンA(α-カロテン) 0μg
ビタミンA(β-カロテン) 0μg
ビタミンA(β-クリプトキサンチン)
ビタミンA(β-カロテン当量) 0μg
ビタミンA(レチノール活性当量) 3μg
ビタミンB1 0.06mg
ビタミンB2 0.21mg
ナイアシン(ビタミンB3) 5.9mg
ビタミンB6 0.45mg
ビタミンB12 1.9μg
葉酸(ビタミンB9) 3μg
パントテン酸(ビタミンB5) 0.36mg
ビオチン(ビタミンB7)
ビタミンC Tr
ビタミンD 4.0μg
ビタミンE(α-トコフェロール) 0.8mg
ビタミンE(β-トコフェロール) 0mg
ビタミンE(γ-トコフェロール) 0mg
ビタミンE(δ-トコフェロール) 0mg
ビタミンK (0)μg
食塩相当量 0.3g
アルコール
硝酸イオン
テオブロミン
カフェイン
タンニン
ポリフェノール
酢酸
調理油
有機酸
重量変化率
廃棄率 0%
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<備考>
切り身(皮なし)
魚体全体から調理する場合、廃棄率: 80 %、廃棄部位: 頭部、内臓、骨、皮、ひれ等) 
トラフグ(生・養殖)の脂肪酸成分表(1) 可食部100g当たり
脂肪酸成分表(1) 単位: /100g
水分 78.9g
脂質 0.3g
トリアシルグリセロール当量 0.2g
脂肪酸総量 0.20g
飽和脂肪酸 0.06g
一価不飽和脂肪酸 0.04g
多価不飽和脂肪酸 0.10g
n-3系多価不飽和脂肪酸 0.08g
n-6系多価不飽和脂肪酸 0.02g
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0mg
(12:0) ラウリン酸 0mg
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 2mg
(15:0) ペンタデカン酸 1mg
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 38mg
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 1mg
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 15mg
(20:0) アラキジン酸 1mg
(22:0) ベヘン酸 0mg
(24:0) リグノセリン酸 0mg
(10:1) デセン酸 0mg
(14:1) ミリストレイン酸 0mg
(15:1) ペンタデセン酸 0mg
(16:1) パルミトレイン酸 4mg
(17:1) ヘプタデセン酸 1mg
(18:1) <計> 26mg
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 3mg
(22:1) ドコセン酸 2mg
(24:1) テトラコセン酸 1mg
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0mg
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0mg
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0mg
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 3mg
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 1mg
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0mg
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 Tr
(20:2) n-6 イコサジエン酸 1mg
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 Tr
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 1mg
(20:4) n-6 アラキドン酸 9mg
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 19mg
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0mg
(22:2) ドコサジエン酸 0mg
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0mg
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 10mg
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 3mg
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 55mg
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
切り身(皮なし) 
トラフグ(生・養殖)の脂肪酸成分表(2) 脂肪酸100g当たりの脂肪酸組成表
脂肪酸成分表(2) 単位: g/100g 脂肪酸総量
脂肪酸総量 653
飽和脂肪酸 190
一価不飽和脂肪酸 125
多価不飽和脂肪酸 338
n-3系多価不飽和脂肪酸 283
n-6系多価不飽和脂肪酸 55
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0
(12:0) ラウリン酸 0
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 0.8
(15:0) ペンタデカン酸 0.3
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 19.3
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 0.5
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 7.9
(20:0) アラキジン酸 0.3
(22:0) ベヘン酸 0
(24:0) リグノセリン酸 0
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 Tr
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 2.1
(17:1) ヘプタデセン酸 0.3
(18:1) <計> 13.5
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 1.6
(22:1) ドコセン酸 1.0
(24:1) テトラコセン酸 0.6
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6リノール酸 1.7
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 0.3
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 0.2
(20:2) n-6 イコサジエン酸 0.3
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 0.2
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 0.3
(20:4) n-6 アラキドン酸 4.8
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 9.5
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 5.0
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 1.4
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 28.1
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
切り身(皮なし) 
トラフグ(生・養殖)の脂肪酸成分表(3) 脂質1g当たり
脂肪酸成分表(3) 単位: mg/g 脂質
脂肪酸総量 653
飽和脂肪酸 190
一価不飽和脂肪酸 125
多価不飽和脂肪酸 338
n-3系多価不飽和脂肪酸 283
n-6系多価不飽和脂肪酸 55
(4:0) 酪酸
(6:0) ヘキサン酸
(7:0) ヘプタン酸
(8:0) オクタン酸
(10:0) デカン酸 0
(12:0) ラウリン酸 0
(13:0) トリデカン酸
(14:0) ミリスチン酸 5
(15:0) ペンタデカン酸 2
(15:0) ant ペンタデカン酸
(16:0) パルミチン酸 126
(16:0) iso パルミチン酸
(17:0) ヘプタデカン酸 3
(17:0) ant ヘプタデカン酸
(18:0) ステアリン酸 52
(20:0) アラキジン酸 2
(22:0) ベヘン酸 0
(24:0) リグノセリン酸 0
(10:1) デセン酸 0
(14:1) ミリストレイン酸 Tr
(15:1) ペンタデセン酸 0
(16:1) パルミトレイン酸 14
(17:1) ヘプタデセン酸 2
(18:1) <計> 88
(18:1) n-9 オレイン酸
(18:1) n-7 シス-バクセン酸
(20:1) イコセン酸 11
(22:1) ドコセン酸 6
(24:1) テトラコセン酸 4
(16:2) ヘキサデカジエン酸 0
(16:3) ヘキサデカトリエン酸 0
(16:4) ヘキサデカテトラエン酸 0
(17:2) ヘプタデカジエン酸
(18:2) オクタデカジエン酸
(18:2) n-6 リノール酸 11
(18:3) オクタデカトリエン酸
(18:3) n-3 α‐リノレン酸 2
(18:3) n-6 γ‐リノレン酸 0
(18:4) n-3 オクタデカテトラエン酸 1
(20:2) n-6 イコサジエン酸 2
(20:3) n-6 イコサトリエン酸 2
(20:4) n-3 イコサテトラエン酸 2
(20:4) n-6 アラキドン酸 31
(20:5) n-3 イコサペンタエン酸 62
(21:5) n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0
(22:2) ドコサジエン酸 0
(22:4) n-6 ドコサテトラエン酸 0
(22:5) n-3 ドコサペンタエン酸 33
(22:5) n-6 ドコサペンタエン酸 9
(22:6) n-3 ドコサヘキサエン酸 183
未同定脂肪酸
 () は推定値、 Tr は微量、 - は未測定
<注意>
脂肪酸成分名称の左の ( : ) は数値表現の略号
<備考>
切り身(皮なし)   
[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。

人気記事ピックアップ

野菜お取り寄せ

無農薬・有機野菜を宅配してくれる農家・農園 105軒ご紹介。

はちみつ処方箋

なぜはちみつが薬になるのか?殺菌、疲労回復、整腸、保湿など。

イヌリン

植物から作られる天然の多糖類。そのダイエット効果は?

チアシード

スーパーフードの効果的な食べ方と、おすすめ厳選10種

クマザサ

胃痛・潰瘍に!幅広い薬効とピロリ菌退治も期待されています。

ザクロ

女性の果実。人と同じ女性ホルモンで更年期障害を軽減します。

食品成分表

851品目、全2,191種の成分表を完全収録。スマホでカロリーCheck!

栄養と効能

180種以上の栄養素の作用、サプリメントの注意点を紹介します。

関連コンテンツ