栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

カルシウム

骨粗しょう症の予防と対策、カルシウムは足りていますか?

骨粗しょう症とは、骨がスカスカになり、骨がもろくなった状態です。

高齢者に多い病気で、骨粗しょう症による骨折から介護が必要になってしまうケースも少なくありません。

[スポンサーリンク]

骨粗しょう症の原因は?

骨粗しょう症には「原発性」と「続発性」があり、それぞれ原因が異なります。
「原発性」は加齢や閉経にともなって生じ、特に女性に多く見られます。生理的な体の変化だけじゃなく、遺伝的要因、栄養不良、運動不足など生活習慣も発症原因として考えられています。

「続発性」は特定の病気や服用中の薬により、骨強度が低下してしまうもの。原因となる病気には、副甲状腺機能亢進症などの内分泌疾患、関節リウマチ、動脈硬化や慢性腎臓病、慢性閉塞性肺疾患、糖尿病などの生活習慣病が挙げられます。また、ステロイド薬の長期服用も骨をもろくし、骨粗しょう症を引き起こすと言われています。

骨粗しょう症に効くカルシウム豊富な栄養レシピ

「小松菜とキノコの温サラダ」

小松菜は青菜の中でもカルシウムが豊富なことに加え、カルシウムの流出を抑えるビタミンKを含んでいます。

【材料】
小松菜 … 60g
フレンチドレッシング … 大さじ1
マッシュルーム・しめじ・しいたけ・ベーコン … 各20g
玉ねぎ … 15g
オリーブオイル … 適量
塩コショウ … 少々
パルメザンチーズ … 大さじ1

【作り方】
1.小松菜は葉だけをとり、水につけてシャキッとさせたら水気を切る。
2.マッシュルームとしいたけは2〜3mm厚さの薄切り、しめじは食べやすい大きさにほぐしておく。ベーコンは1cm幅ほどに切る。
3.小松菜を大きめのボウルに入れ、軽く塩・コショウしてドレッシングで和え、皿に盛る。
4.キノコ類をオリーブオイルで炒め、みじん切りにした玉ねぎとベーコンを加えてさらに炒める。
5.塩・コショウで味を調えて3の上にかけ、パルメザンチーズをふる。

「油揚げのピザ風」

カルシウム豊富なチーズと、カルシウムと相性の良い納豆を使用。にらの代わりにネギでもおいしくできます。

【材料】
油揚げ … 1枚
にら … 5本
納豆 … 25g
マヨネーズ … 小さじ2
豆板醤 … 小さじ1/2
ピザ用チーズ … 適量

【作り方】
1.油揚げは三辺を切り、観音開きにする。
2.にらは5mm幅に刻み、納豆・マヨネーズ・豆板醤とよく混ぜる。
3.観音開きにした油揚げに2をのせ、チーズを全面に広げる。
4.トースターでチーズが溶けるまでこんがり焼く。

骨粗しょう症が気になる方におすすめの栄養補助

もしもカルシウム不足を感じていたら、食事やサプリメントで補給することをお勧めします。

ファンケル「カルシウム&植物性ツイントース」

健やかな骨の維持に重要な成分とカルシウムの吸収をサポートする植物性ツイントースを配合。丸みある粒タイプなのでザラつかず、飲みやすさにもこだわっています。

サントリー「カルシウム&マグネシウム」

不足しがちなカルシウムを効率よく補えるように、原料や配合バランスを追求。体内吸収性が高い卵殻カルシウムに、骨形成に欠かせないマグネシウムと牛乳由来成分CPPを配合しています。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
(最終更新:2015年4月9日)
408 views