栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

タウリン

Category
うま味成分たっぷりのあさりは2〜4月が狙いどき

うま味成分たっぷりのあさりは2〜4月が狙いどき

あさりは調理に幅広い用途を持つ貝類の一つですが、せっかくなら身が太ってうま味成分がたっぷりな状態のものをいただきたいですよね。そんなあさりに含まれる栄養素と健康効果にはどんなものがあるのでしょうか?
辛い二日酔いやアルコール好きの強い味方「タウリン」

辛い二日酔いやアルコール好きの強い味方「タウリン」

タウリンには肝臓機能の強化、解毒作用、アルコール代謝の促進などの働きがあることから、お酒をよく飲む方や二日酔いなどに効果的だとされています。他にも、コレステロール値の低下、動脈硬化や高血圧の予防、むくみの予防・改善、視機能の改善、便秘解消など、実に多くの働きがあります。
高タンパク・低脂肪のダイエット食材!イカの隠れたヘルシー要素とは?

高タンパク・低脂肪のダイエット食材!イカの隠れたヘルシー要素とは?

日本近海にはスルメイカをはじめ、ヤリイカ・アオリイカ・コウイカなど100種類以上のイカが生息しています。肉質や味わいはそれぞれ微妙に異なりますが、成分はほぼ同じですので、含まれる栄養素や効能についてあらかじめ知っておくと便利です。実はコレステロールはそれほど多くありません。
夏座敷とカレイは縁側がよい

夏座敷とカレイは縁側がよい

カレイは日常的に食卓に登場する魚ではありませんが、高タンパク・低脂肪で消化もよいので、離乳期の子どもや胃弱の人、高齢者などには最適の食材です。また、縁側や骨には、美容・健康に役立つ栄養素が豊富に含まれています。
「貝類は高コレステロール」のウソと真相

「貝類は高コレステロール」のウソと真相

貝類に含まれるコレステロールに対する誤解。貝類にはコレステロールが多いといわれます。しかしある調査によれば、海辺に住む人たちは、貝類を多く食べているのに血中コレステロールが低いという結果が出たのだそうです。これは一体どういうことなのでしょう?