栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

健康

糖尿病の合併症の一つ、認知症は血糖値が高いだけでもリスク増?

糖尿病の合併症の一つして、最近になって認知症になるリスクが高まることが報告されています。しかし、アメリカのワシントン大学の研究によると糖尿病でなくても血糖値が高いと、認知症になるリスクが高まると報告しています。そして、認知症になるリスクは糖尿病患者より比率的には多い結果であったいうことです。

その研究では、糖尿病患者が認知症になったのは全体の21.6%であったのし対し、糖尿病ではなく単に血糖値の高い人が認知症になったのは全体の26.1%で約20%多くなっています。

糖尿病患者では、血糖値160の人に対し、血糖値が190だと認知症になるリスクは40%増であり、糖尿病患者でない場合は血糖値100の人に対し、血糖値が115だと認知症になるリスクは18%増であったということです。
この結果から、糖尿病患者でなくても、血糖値が高めであれば、認知症に注意しなければなりません。

研究者は、認知症になるメカニズムは同じではない可能性があるとして研究課題の一つにしなければならないと言っています。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
431 views