栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

イチョウ

脳腫瘍、一般的な症状とは異なる症状に注意。「めまい」や「耳鳴り」は目まい外来の専門医に

脳腫瘍に良く見られる症状は頭痛、嘔吐などのほか、身体の麻痺、けいれん、そして視野障害などですが、腫瘍ができる部位によっては異なる症状が現れます。

それは「めまい」や「耳鳴り」が現れることです。
専門医は、このような症状の場合、一般の耳鼻咽喉科を受診していると手遅れになってしまいかねないので、目まい外来の専門医に診てもらった方がよいと言っています。また、めまいや耳鳴りは程度にもよりますが、軽ければそのまま様子を見て耳鼻咽喉科にすら診て貰わないことも多いかもしれません。

帝京大学の付属病院によると、めまいを訴えて来院した中の人から1〜2%の率で脳腫瘍は発見されていると言います。大学病院ですからある程度、症状の重い人の割合が高いかもしれませんが想像以上に多い率です。
がんの転移は主に血液の流れによってもたらせるので血流の多い脳や肺や肝臓に転移性の腫瘍が起こりやすくなると言われています。専門医は脳腫瘍の症状に「めまい」「耳鳴り」が起こることを理解し、目まい外来の専門医を受診して欲しいと述べています。

イチョウ葉エキスには、脳の血流をスムーズにし、神経伝達物質の向上させる働きがあります。イチョウ葉エキスの有効成分であるギンコライドには、血液を固まりにくく、血液をさらさらにして血行を良くする効果があるからです。イチョウの効能については、イチョウの効能・効果と注意点でも詳しく解説しています。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
475 views