栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

アスパラギン酸

緊張やストレスでお腹が痛む過敏性腸症候群に効く対策とは?

過敏性腸症候群の患者数は約1,200万人と言われ、有病率の平均は12.5%です。
やや女性に多く、年齢別には40代が平均でそれを境に若年層で平均より4%から5%多く、高齢者層で2%から4%少なっています。

急激な下痢に襲われて外出時に困る過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は10人に1人以上と意外と多く、突発的に下痢の症状が襲ってくることから、大都市の駅構内や地下通路のトイレを案内する情報も発信されています。過敏性腸症候群は腸自体には特に異常がないのに腹痛と下痢が突然襲うので外出時には大変困る病気です。

[スポンサーリンク]

過敏性腸症候群がストレスに関係する理由

腸の脳は密接に関係していることから、相互に影響を及ぼし合っています。ストレスや不安、緊張を感じるとそれが腸に影響し大腸が過敏に反応することで腹痛や下痢の症状を引き起こします。

更に、最初の腹痛や下痢が些細であってもそのことで不安と緊張を感じると脳が過敏に感じ取り悪循環を起していきます。ひどく神経質な人にとっては、安心するために各駅停車でトイレに駆け込む程と言われています。

過敏性腸症候群の予防法

治療としては、規則正しい食生活、生活習慣、ストレス解消が基本となって薬物療法が加えられます。

食生活では、刺激物やアルコール、カフェイン、炭酸飲料などを避けます。また、牛乳などの乳製品に過敏な人はこれらも控えます。積極的に摂りたい食材はアミノ酸、特にアスパラギン酸とビタミンB群です。アスパラギン酸は神経の疲労を回復する効果があり、ビタミンB群にはストレスを緩和させる働きがあります。

過敏性腸症候群に効果的なサプリメント

神経疲労やストレスを和らげるアスパラギン酸、ビタミンB群が食事で不足する場合は、サプリメントで補うことができます。

マグネシウム&アスパラギン酸カリウム

ビタミンB群

Asahiのディアナチュラは、1粒で8種類のビタミンB群を簡単に摂取できます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。