栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食の知識

風邪や胃潰瘍の予防にはムチンの粘膜保護作用が有効

ムチンは、タンパク質とガラクタンやマンナンなどの多糖類が結びついた糖タンパクです。

感染症やアレルギー症状の予防にも

ムチンには、粘り気のある液体で粘膜を潤すことによって粘膜の損傷を防ぐ作用があるので、胃のトラブルの予防・改善、鼻の粘膜の健康には欠かせない成分です。風邪やインフルエンザなどの感染症にもかかりにくくなります。また、鼻やのどなどの粘膜を保護することで、アレルギー症状の予防や改善も期待できます。

[スポンサーリンク]

過剰摂取の心配はナシ!

ムチンには、タンパク質を効率よく分解する効果もあります。筋肉や臓器の構成成分であるタンパク質の吸収を高めることは、健康な体づくりの基本です。ムチンを含む食品を何種類か組み合わせて食べると、よりいっそう効果的です。
ちなみに、過剰摂取の害についての報告は確認されていないので、摂りすぎの心配はないと考えられます。

加熱調理はできるだけ避けて

ムチンの持つヌルヌルのタンパク質分解酵素は熱に弱いのが難点で、60度程度の加熱でパワーダウンしてしまいます。
したがって、ムチンの栄養を無駄なく摂取したいなら、加熱が必要な料理は避けたほうがベターです。生の食材を和えたり混ぜたりして食べるほうが、効果的に栄養を摂取できます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
(最終更新:2017年9月21日)
659 views