栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

ビタミンC

夏、汗で臭いが気になる時に効果の高いサプリ

暑くて出る汗は、一般的には無臭

「汗臭い」という表現があるので汗に臭いがあるように思われていますが、汗そのものには感じることができるほどの臭いはありません。
ただし、思春期から壮年期までの期間に主にたくさん出てくる汗があり、この汗には独特の臭いがあります。

この汗は、脇や乳首、陰部付近から出ます。脇の臭いが特に酷いと「わきが」として嫌がられます。この汗はアポクリン腺という汗腺から出てきて、一般的な汗はエクリン腺という汗腺から出てきます。

ほぼ無臭の汗がなぜ臭うかというと、健康で汗をかいていない状態では、皮膚表面の常在菌という無害な細菌がおとなしく活動していませんが、この常在菌が皮膚に皮脂などが多く、湿っぽいと繁殖して汗が分解されて臭うようになります。

汗のもつ重要な働き

嫌われる汗ですが体温を調節する重要な働きがあり、夏に汗をかかないと体温が必要以上に上昇して熱中症になり、身体を冷やさないと生命も危うくなります。
尚、玉のようになって流れ落ちる汗は気化しにくいので体温調節には効果がありません。

また、いつもクーラーがきいた場所にいると汗腺の働きが衰えて、汗をかき難くなり、やはり体温調節がうまくでき難くなります。

体温調節だけでなく、汗腺には血液中のミネラルが汗と一緒に体外に出て行かないようにする働きがありますが、この機能が衰えてミネラル分も水分と一緒なって出て行くとベトベトした蒸発しにくい汗になるとともにアンモニア成分も多く含まれるようになり臭いが強くなります。
更に、皮膚表面がアンモニアでアルカリ化して常在菌の繁殖を促進させるのでより臭いが強くなります。

また、身体にとって必要なミネラル分をも奪うため、疲労が取れない、熱中症にもなりやすくなるなど悪いことばかりの連鎖状態になります。汗をかくことを嫌がらないで汗を毎日流すことは非常に大切です。

汗のにおい抑えるサプリメント

一般的には、抗酸化作用の強いビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールや腸内環境を良くする食物繊維を意識して摂ると良いでしょう。もう少し、直接的にはローズオイルやクロロフィルが臭いを抑える効果があります。

★ローズオイル/ローズデュー

★クロロフィル/Feクロロフィル

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。