栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

ビタミンC

美肌を目指す!ビタミンCを効率的に補うには?

美肌を目指すとき、力強いサポーターとなってくれるのがビタミンCです。

強力な抗酸化作用を持つビタミンCは、美肌に欠かせない栄養素。
緑黄色野菜や果物などに多く含まれますが、熱や空気に弱く、水に溶けやすい性質なので、効率よく摂取するには手早く調理することがポイントです。

[スポンサーリンク]

ビタミンC誘導体で美肌ケア

ビタミンC誘導体は、吸収されにくいビタミンCを肌に浸透しやすく改良したもの。酸化しやすいビタミンCとは違い、角質層への浸透パワーがあり、肌に吸収されたあとは酵素反応により、ビタミンCへと変化します。
ビタミンC誘導体は、洗顔後、化粧水の前に使うのがポイント。ビタミンC誘導体をコットンにたっぷり含ませ、部分的に集中ケアをするのもいいですよ。

サイクルプラス「エンリッチローション」

水溶性のビタミンCに比べ約100倍もの浸透力を持つ、高浸透型ビタミンC誘導体(APPS)を使用。さらに、ビタミンCの働きを助けて酸化を防ぐ水溶性ビタミンE誘導体も配合されています。変質のしやすさを考え、使いはじめる直前に混ぜる2剤式&約一ヶ月の使い切りタイプ。

サンスター「ホワイトロジーエッセンス W」

美肌成分「リノレックS」がシミの元となる酵素を分解促進し、メラニンの生成を抑制。さらに「ビタミンC誘導体」が、メラニンが黒くなるのを抑えてくれます。また、保湿成分「月桃葉エキス」と「サクラ葉エキス」も加わり、澄んだ透明感ある肌へと導いてくれます。

美肌を目指す栄養レシピ

「きのこたっぷりパスタ」

きのこの旨味がパスタにしみこんだ味わい深い一品。食物繊維たっぷりで、便秘解消にも効果的です。

【材料】
スパゲッティ(乾) … 120g
しめじ・まいたけ・えのきだけ … 各60g
オリーブオイル … 大さじ1
にんにく … 1かけ
赤唐辛子 … 適量
○しょうゆ … 小さじ1+1/2
○塩こしょう … 少々
かつお節 … 小1パック
万能ねぎ … 1本

【作り方】
1.2%(分量外)の塩を加えたたっぷりのお湯で、スパゲッティをアルデンテにゆでる。
2.しめじ、まいたけ、えのきだけは石づきを切り、食べやすくほぐしておく。にんにくはつぶし、赤とうがらしは水で戻し小口に切る。
3.フライパンにオリーブオイルをにんにくを入れてから弱火で熱し、香りが立ってきたらきのこ類を入れてさらに炒める。
4.ゆでたスパゲッティを入れ、スパゲッティのゆで汁大さじ2〜3と○で調味する。
5.器に盛りつけ、かつお節と万能ねぎの小口切りを散らす。

「レタスと温泉卵の和風サラダ」

野菜や果物に豊富なビタミンCと、温泉卵に含まれる良質なたんぱく質を一度に摂れます。レタスは長く水に漬けていると栄養素が溶け出してしまうので、洗うときは手早くしましょう。

【材料】
レタス … 4枚
ほうれん草 … 1/2束
きゅうり … 1/2本
キウイフルーツ … 1/2個
温泉卵 … 2個
和風ドレッシング … 適量

【作り方】
1.レタスはよく洗い、手で食べやすい大きさにちぎり、水気をきる。
2.ほうれん草は熱湯でさっとゆで、冷水に漬けてアクを抜き、水気をよく絞って食べやすい長さに切る。
3.きゅうりは薄い小口に切って塩少々振り、軽く水気を絞る。
4.キウイフルーツは薄いイチョウ切りにする。
5.ボウルに和風ドレッシングを入れ、レタス・ほうれん草・キウイフルーツを加え、全体を混ぜ合わせる。
6.器に5を盛り、真ん中に温泉卵を乗せて出来上がり。

美肌のための栄養補助

美肌に導くビタミンCの不足が気になる方におすすめのサプリメントを2つ紹介します。

DHC「ビタミンC」

抗酸化作用を持つビタミンCに、ビタミンB2をプラス。ビタミンB2には皮膚や粘膜を健康に保つ効果があり、ビタミンCの働きを助けてくれます。

ファンケル「ビタミンC&ビタミンP」

サビに働きかけ、体に備わった力、美容にもアプローチするビタミンCを配合。さらに栄養素の鮮度を守るため、安定性が高く、体内で素早く溶ける植物由来カプセルを使用しています。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
(最終更新:2015年4月9日)
419 views