栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

EPA・DHA

夏に多い怖〜い病気、脳梗塞を予防するサプリメント

夏の6月から8月が脳梗塞患者数ピーク

脳梗塞は脳の血管が詰まって血液が流れなくなり,脳が壊死してしまう病気で、夏場に多い病気です。脳梗塞を発症すると、致死率も高いですが、運よく助かっても脳に後遺症が残り運動障害、言語障害が残りQOLが大きく悪化します。

脳梗塞が夏場に多いのは、大量の汗をかくことで血液中の水分が少なくなり、血がドロドロになって流れにくくなり、血管を詰まらせる血栓ができやすくなるからです。また、高血圧の人で降圧剤を服用していると、夏は血管が広がり血圧が下がりやすくなっているところに薬で血圧がさらに下がって血流が悪くなり、その結果血栓ができやすくなります。

脳出血と脳梗塞を含めた脳卒中全体では冬場の方が患者数が多いですが、脳梗塞に限ると6月から8月が患者数はピークです。

脳梗塞予防には水分補給が重要

夏場の水分補給は、熱中症予防以外にも脳梗塞予防にもなります。水分補給をしっかり行うようにしなければなりません。食生活では、塩分を取りすぎないようにするとともに、余分に取りすぎたナトリウムの排泄を促進するカリウムを多く含む食品を摂取します。

その水分補給は、夏場は特に睡眠の前後に行うことが大事です。睡眠中に汗を大量にかくこと、及び睡眠中は血圧が低下しており血栓ができやすい状態になっているので、水分を十分に摂って血液がドロドロにならないようしなければなりません。

脳梗塞予防に効果のある栄養成分

カリウム:ナトリウムを排出します。
マグネシウム:血管の硬化を防ぎます。
DHA、EPA:血液をサラサラにします。
イチョウ葉エキス:血行を良くします。

・カリウムバランサー

・Fish Oil (魚油)EPA&DHA

・イチョウの葉エキス粒

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。