栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

冷え性 ( 2 )

Tagged
鹿肉の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

鹿肉の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

鹿はほかの食肉に比べ、低脂質・低エネルギーでありながら必須アミノ酸・ビタミン・ミネラルが豊富で、肉を食用とするほか、皮や骨も生活用品としてさまざまな用途で利用されています。日本ではもみじ鍋が有名です。ビタミンB群や鉄、亜鉛、ペプチド、カルノシンが多く含まれています。
猪肉(イノシシ)の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

猪肉(イノシシ)の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

猪肉には、鉄やビタミンB1・B2、ペプチド、カルノシンが含まれています。猪肉は、赤身と白身の層がはっきり分かれているものを選びましょう。白身には脂肪およびコラーゲンが含まれているため、たっぷりと入っているものがよいとされています。
エスカルゴの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

エスカルゴの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

エスカルゴには、カルシウムやマグネシウム、亜鉛、鉄、タウリン、ベタインが含まれています。エスカルゴの身の水煮缶詰は産地により価格が異なります。殻は付属か別売りになりますが、割れていないものを選びましょう。
らっきょうの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

らっきょうの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

らっきょうは、ふっくらと丸みがあって球が締まり、形が揃っているものを選びましょう。泥つきの場合は、らっきょう自体はしっとりしていて泥は乾いているのがポイントです。らっきょうには、食物繊維やフラボノイド、硫化アリル、フィトステロールが含まれています。
セリの特徴とおすすめレシピ、食品成分表

セリの特徴とおすすめレシピ、食品成分表

セリには、カリウムやβ-カロテン、ビタミンC、カルシウム、食物繊維、葉酸、鉄が含まれています。セリは春の七草の代表的存在で、競り合うように密生することからこの名がつきました。日本原産とされていますが、中国でも紀元前から湖北省で栽培されていたといわれています。
行者にんにくの特徴とおすすめレシピ、食品成分表

行者にんにくの特徴とおすすめレシピ、食品成分表

行者にんにくは古くから観賞用および食用とされ、山岳信仰の修行者が荒行に耐える精力をつけるために食べたといわれています。行者にんにくには、アリシンやスコルジニン、カリウム、ビタミンC、カルシウムが含まれています。