栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

夏バテ防止

Tagged
みょうがの薬効を最大限に活かすには?

みょうがの薬効を最大限に活かすには?

みょうがは日本の本州から沖縄まで各地に自生する野菜です。αピネンという香り成分で頭がスッキリする他、中医学では「血の巡りを良くし経路を整える」作用があると言われ、ホルモンバランスを整える効果があります。
トマピーの特徴とおすすめレシピ、食品成分表

トマピーの特徴とおすすめレシピ、食品成分表

トマピーはトマトのような形をした新種のパプリカで、甘く肉厚でみずみずしく、ピーマン独特の苦味や匂いがほとんどないため、ピーマンが苦手な人でもサラダとして生で食べられるのが特長です。トマピーには、β-カロテンやビタミンA・B2・Cが含まれています。
スイカの種の特徴とおすすめレシピ、食品成分表

スイカの種の特徴とおすすめレシピ、食品成分表

スイカの種は1〜2日ほど日干しにすればそのまま食べられます。皮をむいて杯の部分を食べることもできます。栄養面でも、不飽和脂肪酸や食物繊維、ビタミンB1・B2・B6、葉酸、カリウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンなどが含まれていますので、捨てるにはもったいない食材です。
うなぎの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

うなぎの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

うなぎには、ビタミンA・B1・D・E、EPA・DHA、カリウム、カルシウム、リンが豊富に含まれています。うなぎは、蒲焼きなら皮や小骨も食べつくすことができ、むだなく栄養成分を摂取できます。にんにくや山いもと一緒に食べると、夏バテ防止に役立ちます。