栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

夏バテ防止

Tagged
みょうがの薬効を最大限に活かすには?

みょうがの薬効を最大限に活かすには?

みょうがは日本の本州から沖縄まで各地に自生する野菜です。αピネンという香り成分で頭がスッキリする他、中医学では「血の巡りを良くし経路を整える」作用があると言われ、ホルモンバランスを整える効果があります。
みりん(味醂)の効果とレシピ、食品成分表

みりん(味醂)の効果とレシピ、食品成分表

みりんには、アミノ酸や炭水化物、ビタミンB1・B6、銅が含まれています。みりんの栄養効果は、疲労回復、代謝促進、髪・皮膚・爪の健康維持、夏バテ防止です。
ヒトエグサの栄養とレシピ、食品成分表

ヒトエグサの栄養とレシピ、食品成分表

ヒトエグサには、食物繊維やナトリウム、カリウム、カルシウム、ビタミンA、葉酸が含まれています。旬の冬から春にかけてのヒトエグサは柔らかく、香りも高くなっています。
そうめん・ひやむぎの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

そうめん・ひやむぎの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

そうめん・ひやむぎには、炭水化物の他に、ビタミンB群やカルシウムなどが含まれています。そうめん・ひやむぎの栄養効果として、エネルギー補給、糖質・脂質の代謝促進、食欲増進効果などです。
トマピーの特徴とおすすめレシピ、食品成分表

トマピーの特徴とおすすめレシピ、食品成分表

トマピーはトマトのような形をした新種のパプリカで、甘く肉厚でみずみずしく、ピーマン独特の苦味や匂いがほとんどないため、ピーマンが苦手な人でもサラダとして生で食べられるのが特長です。トマピーには、β-カロテンやビタミンA・B2・Cが含まれています。
葉生姜(谷中生姜)の特徴とおすすめレシピ、食品成分表

葉生姜(谷中生姜)の特徴とおすすめレシピ、食品成分表

葉生姜には、ジンゲロールやショウガオールが多く含まれています。葉生姜(谷中生姜)は、種しょうがが発芽してまもない若い芽を葉ごと収穫したものですが、実際には葉は食べずに大きく育つ前の根を食用とします。
スイカの種の特徴とおすすめレシピ、食品成分表

スイカの種の特徴とおすすめレシピ、食品成分表

スイカの種は1〜2日ほど日干しにすればそのまま食べられます。皮をむいて杯の部分を食べることもできます。栄養面でも、不飽和脂肪酸や食物繊維、ビタミンB1・B2・B6、葉酸、カリウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンなどが含まれていますので、捨てるにはもったいない食材です。
ヒラメ(舌平目)の効能とおすすめレシピ

ヒラメ(舌平目)の効能とおすすめレシピ

ヒラメには、タウリンやビタミンD、ビタミンE、コラーゲンが多く含まれています。ヒラメの栄養効果は、夏バテ防止、胃腸のケア、動脈硬化や高血圧の予防、栄養補給、美肌効果です。
うなぎの効能とおすすめレシピ、食品成分表

うなぎの効能とおすすめレシピ、食品成分表

うなぎには、ビタミンA・B1・D・E、EPA・DHA、カリウム、カルシウム、リンが豊富に含まれています。うなぎの栄養効果は、夏バテ防止、滋養強壮、動脈硬化の予防、疲労回復、体力増強です。