栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

皮膚・粘膜の保護

Tagged
にんじん大量消費レシピ 〜 カロテン豊富なにんじんを沢山食べよう!

にんじん大量消費レシピ 〜 カロテン豊富なにんじんを沢山食べよう!

にんじんの鮮やかなオレンジ色は「カロテン」という色素です。にんじんは活性酸素を抑制するβ-カロテンの含有量が野菜のなかでトップ。さらにβ-カロテンより強い抗酸化力をもつα-カロテンも含むため、ダブルのカロテン効果で細胞の老化を防止し、ガンや生活習慣病予防の効果が期待されます。
鶏つくねの栄養とレシピ、食品成分表

鶏つくねの栄養とレシピ、食品成分表

鶏つくねは焼き鳥の一種で、鶏肉のすり身にみじん切りの玉ねぎなどを加え、卵や片栗粉をつなぎとしてこねて好みの大きさに丸めたものです。ビタミンB6やセレンなどが含まれています。
焼き鳥缶の栄養とレシピ、食品成分表

焼き鳥缶の栄養とレシピ、食品成分表

東日本大震災以来、焼き鳥缶詰は備蓄食として注目を集めています。賞味期間が3年と長く、緊急時に不足しがちなタンパク質や脂質を補給でき、常温で食べられます。鉄やビタミンK、ナイアシンなどが含まれています。
鶏の軟骨の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

鶏の軟骨の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

鶏の軟骨には、コラーゲンやナイアシン、パントテン酸などが含まれています。鶏の軟骨は、ハリがあって肌色もしくは薄いピンク色をしているもの、付着している肉が変色していないものを選ぶのがポイントです。
鶏の心臓(ハツ)の栄養とレシピ、食品成分表

鶏の心臓(ハツ)の栄養とレシピ、食品成分表

鶏の心臓(ハツ)には、タンパク質より脂質が多く、ビタミンB2や鉄が豊富に含まれています。コレステロールも比較的多いので注意しましょう。焼き鳥のほか煮物・炒め物・から揚げなどでも美味です。味付けは、塩・味噌・醤油のどれでも合います。
鶏ささ身の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

鶏ささ身の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

鶏ささ身は炭水化物や脂質がほとんど含まれておらず、ほとんどタンパク質でカロリーも低いため、離乳食や高齢食のほか、ダイエット時に摂取カロリーを低くしたり、トレーニング時の筋肉を作るための栄養源として活用したりと、幅広い用途があります。ナイアシンやセレンなどが含まれています。
ボロニアソーセージの栄養とレシピ、食品成分表

ボロニアソーセージの栄養とレシピ、食品成分表

ボロニアソーセージは、サラダに加えて食べたり、パスタと和えて食べたり、パンで挟んだりと様々な調理法があります。生食は避け、加熱して食べるほうが安全とされています。カロリーが高く、ナトリウムやナイアシンなどが含まれています。