栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

眼精疲労

Tagged
すもも(日本すもも)の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

すもも(日本すもも)の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

日本すももには、葉酸やカリウム、アントシアニン、ソルビトールが含まれています。すももは、果皮に色むらやキズがなく、ハリと弾力があるもの、きれいな円形をしていて、持ったときに重さがあるものがおすすめです。また、果皮に白い粉(ブルーム)がついているものが新鮮です。食べ頃になるとよい香りがするため、見分ける際のポイントになり...
メルルーサの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

メルルーサの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

メルルーサには、EPAやDHA、カルシウム、タウリンが含まれています。メルルーサは一般的に切り身の冷凍品が流通していますが、すぐにパサついてしまうため、調理直前に解凍しましょう。また、鮮度が落ちやすいため、早めに使いきるのがベターです。
メゴチの栄養とレシピ、食品成分表

メゴチの栄養とレシピ、食品成分表

メゴチ(雌鯒)は、上品でくせのない白身の魚です。(関東で一般にメゴチとして流通している多くは、ウロコのないネズミゴチやヌメリゴチなどの別種です。)メゴチには、ビタミンA・B・D・E、鉄、カルシウム、EPA/DHAが含まれています。
キングクリップの栄養とレシピ、食品成分表

キングクリップの栄養とレシピ、食品成分表

キングクリップは白身でクセがなく淡白な味わいが特徴です。煮物や揚げ物、ムニエルなどさまざまな料理に利用され、南アフリカの国々では大切な食用魚となっています。DHA/EPAやビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。
キンキ(キチジ)の栄養とレシピ、食品成分表

キンキ(キチジ)の栄養とレシピ、食品成分表

キンキには、EPAやDHA、ビタミンA・E、タウリンが含まれています。キンキは、秋から初春の旬のものがおすすめです。また、体色の朱色が鮮やかで背びれの斑紋がくっきりしているものがよいとされています。酒粕に漬け込んでから焼くとやわらかい身が締まり、保存性も増します。