栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

老化防止

Tagged
中国茶

おいしくて脂肪対策にも有効!? 鉄観音茶のダイエット効果

鉄観音茶は、20世紀初頭に中国国外の品評会で優勝し、世界的にも人気となりました。日本では、伊藤園が缶入り清涼飲料水として初めて烏龍茶を発売した際にブレンド茶葉のひとつとして使用されたのがきっかけで、1980年代に定着しました。
黒豆

黒豆茶の抗酸化力で女性らしさアップ&アンチエイジング

黒豆や黒大豆は健康食品として非常に有名ですが、黒豆茶にした場合でもアントシアニンやイソフラボンを多量に含むため、アンチエイジング・ダイエット・更年期障害の緩和といった、女性にうれしいさまざまなメリットを有しています。
ルイボスティー

ノンカフェインだから毎日飲める!ルイボスティーで早めの花粉症対策

ルイボスは南アフリカのごく一部の山野にしか自生しない針葉樹です。このルイボスの細かな葉を発酵・乾燥させたものがルイボスティーで、南アフリカの先住民から「不老長寿のお茶」と呼ばれるほど驚くべき健康効果があるとされています。
コアラとユーカリ

ユーカリ茶のデトックス作用がもたらす美容・健康維持効果とは?

オーストラリアの先住民アボリジニの間では、昔からユーカリの葉を解毒に用いる習慣があったといわれています。解毒(デトックス)は、健康維持のほか美肌の維持・回復にも作用するので、毒素がたまりやすい人には最適の効能といえます。
卵の大量消費レシピ 〜 期限間近…使い切れない…卵や卵白の使い切り術

卵の大量消費レシピ 〜 期限間近…使い切れない…卵や卵白の使い切り術

卵は牛乳とともに「完全食品」に近い食品といわれています。タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれています。卵の賞味期限は「生で食べられる期間」を示していますが、使い切れなくなった卵は、大量消費レシピで使い切りましょう。
「羊の肉はくさい」は昔の話!?

「羊の肉はくさい」は昔の話!?

かつて日本では「羊肉にはくさみがある」という先入観が浸透していましたが、それは羊毛用に育てられたマトンを副産物として食べていたころの話で、ラムはとてもやわらかく、特有のにおいも少ない肉です。
イベリコ豚ってどんな豚?

イベリコ豚ってどんな豚?

イベリコ豚は、イベリア半島に古くから生息していた野生の黒豚が起源とされ、スペイン独特のイベリア種の黒豚のことをいいます。厳しく定められた基準によりランク付けがされている、高級食材の一つです。
味噌がもたらす体にうれしい3つの効果

味噌がもたらす体にうれしい3つの効果

味噌は日本各地にさまざまな種類があり、よく出回っているものでは、宮城の仙台味噌、京都の西京味噌、愛知の八丁味噌などがあります。
りんご大量消費レシピ 〜 便秘解消や生活習慣病予防に役立つりんごをたっぷり摂取

りんご大量消費レシピ 〜 便秘解消や生活習慣病予防に役立つりんごをたっぷり摂取

「一日一個のリンゴを食べれば医者はいらない」という諺は、りんごの効能でよく紹介されます。りんご酸やクエン酸、カテキン、カリウム、食物繊維などを含んでいることから、疲労回復やコレステロール値低下、整腸作用、動脈硬化・高血圧・糖尿病・老化・がんの予防などに役立ちます。
にんじん大量消費レシピ 〜 カロテン豊富なにんじんを沢山食べよう!

にんじん大量消費レシピ 〜 カロテン豊富なにんじんを沢山食べよう!

にんじんの鮮やかなオレンジ色は「カロテン」という色素です。にんじんは活性酸素を抑制するβ-カロテンの含有量が野菜のなかでトップ。さらにβ-カロテンより強い抗酸化力をもつα-カロテンも含むため、ダブルのカロテン効果で細胞の老化を防止し、ガンや生活習慣病予防の効果が期待されます。
良いとびうおの見分け方とおすすめの食べ方は?

良いとびうおの見分け方とおすすめの食べ方は?

とびうおは、房総半島の南側から九州の五島列島あたりまでの沖合から沿岸にかけての表層を住処とし、春に北上、秋に南下する魚です。全国各地で水揚げされ、鮮魚として出回っています。