栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

Tagged
はちみつ処方箋 〜 なぜはちみつが薬になるのか?
人気

はちみつ処方箋 〜 なぜはちみつが薬になるのか?

殺菌、疲労回復、整腸、保湿など、はちみつの効果は多彩です。そのままなめても、肌に塗っても、料理に入れても、ひとさじのはちみつが天然の薬効をもたらしてくれます。はちみつを上手に活用して、薬いらずの生活を過ごしましょう。
めかぶの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

めかぶの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

めかぶには、ヨウ素やアルギン酸、フコイダン、フコキサンチン、フコレステロール、食物繊維などが含まれています。めかぶはわかめの根の部分で、厚いひだ状になっており、生殖細胞が集まった部位です。
ヤギミルク(山羊乳)の栄養とレシピ、食品成分表

ヤギミルク(山羊乳)の栄養とレシピ、食品成分表

ヤギミルクに含まれる栄養素は牛乳に似ていますが、牛乳より濃厚で、タンパク質・脂質・カルシウム・ビタミンB2が豊富です。また、脂肪球が牛乳より小さいため、消化がよく吸収されやすいのも特長です。成分が近いのは、むしろ人乳(母乳)のほうです。
モロヘイヤの栄養とレシピ、食品成分表

モロヘイヤの栄養とレシピ、食品成分表

モロヘイヤには、食物繊維やβ-カロテン、ビタミンC・Eが多く含まれています。モロヘイヤは、葉がやわらかく、濃い緑色で、葉先までハリがあり、新芽が入ったものを選びましょう。軸が緑色で茶色っぽくなっていないものがおすすめです。
芽キャベツの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

芽キャベツの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

芽キャベツには、ビタミンCやβ-カロテン、カリウム、食物繊維が多く含まれています。芽キャベツは、小粒で固く、葉がしっかりと巻いているもの、葉につやがあり濃い緑色のものが上質とされています。大きすぎるものや黄色い葉が混ざっているものは避けましょう。
もずくの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

もずくの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

もずくには、水溶性食物繊維のフコイダンや不溶性食物繊維のアルギン酸、カルシウムが含まれています。酢と一緒に食べると、もずくのフコイダンと酢の酢酸とのダブル効果で血液をサラサラにし、免疫力も高めます。
長芋の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

長芋の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

長芋には、タンパク質やカリウム、ビタミンC、ビタミンB1、食物繊維、マンナン、アミラーゼ(ジアスターゼ)が含まれています。長芋の栄養効果は、胃腸の調子を良くする、疲労回復、体力増強、虚弱体質改善、むくみの解消、便秘解消です。