栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

認知症予防

Tagged
メゴチの栄養とレシピ、食品成分表

メゴチの栄養とレシピ、食品成分表

メゴチ(雌鯒)は、上品でくせのない白身の魚です。(関東で一般にメゴチとして流通している多くは、ウロコのないネズミゴチやヌメリゴチなどの別種です。)メゴチには、ビタミンA・B・D・E、鉄、カルシウム、EPA/DHAが含まれています。
イサキの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

イサキの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

イサキには、ビタミンD・EやEPA、DHAが含まれています。イサキは、腹が硬めで張っているもの、色が黒く目が澄んでいるもの、えらが鮮紅色で形がしっかりしているもの、うろこに黄金色が混ざっているものを選びましょう。旬を過ぎると格段に味が落ちます。また、傷みやすいので特に新鮮なものを選ぶことも重要です。
アンコウの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

アンコウの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

アンコウには、EPAやDHA、ビタミンA・D・Eが含まれています。アンコウは、皮色が暗黒褐色で身に弾力があるものがよいとされています。肝臓が見える状態で並べられてある場合は、肝臓に走る血管が鮮やかなものを選ぶのがポイントです。
まぐろの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

まぐろの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

まぐろには、EPA・DHAやビタミンA・D・E、タウリン、セレンが含まれています。まぐろは部位によってカロリーが違うので、ダイエットをする場合は切り方を工夫する必要があります。トロ1切れには赤身3切れ分ほどのカロリーがあるため、トロは薄切り、赤身は厚切りと切り方を変えましょう。
鯖(さば)の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

鯖(さば)の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

鯖には、EPA・DHAやタウリン、カルシウムが多く含まれています。鯖は煮ても焼いてもその効能は変わりませんが、缶詰なら手軽にカルシウムを補給できます。ただし、アレルギー体質の人が鯖を食べすぎるとじんましんが出やすいので注意しましょう。