栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

鎮痛作用

Tagged
手羽・手羽先・手羽元の栄養とレシピ、食品成分表

手羽・手羽先・手羽元の栄養とレシピ、食品成分表

手羽・手羽先・手羽元は高タンパクで脂質も多く、皮で覆われていて関節があるため、コラーゲンやコンドロイチン硫酸が豊富に含まれています。買うときに選ぶポイントは、まず皮が薄ピンク色をしていることです。黒ずんでいたり、赤みが強すぎたりするものは避けましょう。
豚軟骨の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

豚軟骨の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

豚軟骨には、タンパク質と脂質がほぼ同量含まれており、コレステロールはやや多めとなっています。美肌づくりに役立つといわれるコラーゲンや、関節の痛みに効果を発揮するとされるコンドロイチン硫酸が豊富に含まれています。
タイムの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

タイムの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

独特のすがすがしい香りとほろ苦さ、少し舌がしびれるような辛味が特徴のタイムは、肉類の生臭さを消すのに最適なハーブです。タイムには、チモールやカルバクロール、ゲラニオール、P-シメン、ボルネオール、リナロール、フラボンが含まれています。
セージの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

セージの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

セージには、シネオールやカンファー、ボルネオールなどが含まれています。セージの原産地は地中海沿岸で、古代ギリシャやローマでは、薬効をもつ植物として学者たちから高い評価と支持を受け、広く用いられていました。
十六ささげの特徴とおすすめレシピ、食品成分表

十六ささげの特徴とおすすめレシピ、食品成分表

十六ささげには、タンパク質や食物繊維、β-カロテン、ビタミンB1・B2・K、カリウムが含まれています。十六ささげは、食用にされる若さやの内部に16粒程度の豆が入っているといわれることからこの名がつきました。関西などでは「じゅうはちささげ」と呼ばれることもあります。
菊の特徴とおすすめレシピ、食品成分表

菊の特徴とおすすめレシピ、食品成分表

菊の主成分はタンパク質で栄養価はさほど高くありませんが、昔から目の疲れに効くといわれているほか、香り成分が食欲を高める効果もあるとされています。他には、カリウムや食物繊維、ビタミンCが含まれています。
うつ症状の緩和や気分の高揚にフェニルアラニン

うつ症状の緩和や気分の高揚にフェニルアラニン

フェニルアラニンは、肉・魚類・卵・大豆製品などに含まれる必須アミノ酸のひとつで、食事から摂取しなければならない成分です。フェニルアラニンの効能として、記憶力アップ、うつ症状緩和、精神高揚、鎮痛、白斑治療が期待できます。