栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食の知識

寝苦しい夜は男と女で体感温度が異なる?

男性は女性に比べると筋肉の量が多く、女性には皮下脂肪が多いという身体の違いがあります。この違いが男女間の温度差につながっています。エアコンの温度に対して男性が丁度良い温度では女性は寒がり、逆の場合は男性が暑がることになります。ちょっと考えると皮下脂肪が多い女性の方が寒さに強いように見えますが、体内でもっとも多く熱を生みだすのは筋肉で、筋肉の少ない女性は熱を生みだせないので、体温があがらず男性より寒さを強く感じます。

その他にも、
①産みだされた熱は血液の循環で身体全体が温まりますが、皮下脂肪は温まり難い性質があること。
②女性の食事量は男性より少ないので体内で生みだされる熱量が少ないこと。
③皮下脂肪で毛細血管が圧迫され血流が悪化して温まり難いこと
などの理由で女性は男性より体温が低くなっています。

そのため、夜にエアコンを付けて寝る家庭も多いかもしれませんが、温度設定に注意しないと夫婦で双方に不満が出ることになります。寝室を別にする、あるいは女性は冷えすぎないように厚着をする、布団を1枚増やして寝るなどの工夫することが必要です。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
396 views