栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

明日葉をより効率よく摂るポイント

明日葉はセリ科植物独特の苦味があるため、人によっては抵抗感を抱くこともあるかもしれません。しかし、慣れてしまえば一般の生野菜と変わりなく食べられますし、明日葉は他の野菜と比べてアミノ酸を多く含んでいるため、次第にうまみもわかってきます。

なにより明日葉は栄養価の高い野草ですから、せっかくなら効率よく摂りたいものです。
そこで今回は、明日葉を手軽に効率よく摂るコツをご紹介します。

なるべく生葉のままで利用

明日葉の薬効を損なわずに利用したいという場合は、生葉をよく噛んで食べるのがおすすめです。
明日葉は若葉のほうがやわらかく苦味も少ないため、できるだけ若葉を摘み、新鮮なうちに利用します。摘んできた若葉は手早く水洗いし、そのまま端からかじってよく噛みましょう。

明日葉は繊維質が多く苦味があるので、最初は食べにくいかもしれませんが、少しずつでもいいので毎日食べ続けるのがポイントです。
食べにくい場合は、マヨネーズをつけるとかなり食べやすくなります。

野菜の一種として気軽に

明日葉の豊富な有効成分をより効率的に摂取するには、毎日の料理の中に取り入れるのがいちばんです。明日葉のバランスのよい有効成分を毎日体内に取り入れることで、弱った自然治癒力を強化し、体調を根本から整えていく効果が期待できます。

明日葉は過剰摂取の心配がないため、体調の悪い時ほど多めに摂るのがおすすめです。
食欲がない時は、青汁として飲むと胃腸が整い食欲が出てきます。

粉末でいつでもどこでも

明日葉は毎日摂るのが理想ですが、入手困難な場合や旅行の時などのために粉末状にしておくと長期間保存でき、持ち運びも便利になります。
市販品を入手するのも一案ですが、その際は信用のあるところから購入しましょう。

なるべく新鮮なものを選ぼう

明日葉は一般の野菜と同じく、採取してから日数が経つと生気がなくなり、含まれている栄養価も落ちてしまいます。

自家栽培をすれば必要に応じて新鮮な葉を摘み取って使えますが、自生地へ行って採取したり、スーパーなどで入手したりする場合は保存が困難です。
葉をラップでしっかり包み冷凍庫で保存しても、生葉で利用できるのは一週間くらいが限度と考えましょう。

明日葉の薬効を最大限に活かして摂りたいなら、なるべく新鮮な生葉を利用するのがベストです。洗ってそのまま食べても、普段の料理に野菜として利用してもOKです。
少量でも毎日摂り続けることが大切なので、長期間保存したい場合や旅行先でも利用したい場合などには、粉末状にしておくのもおすすめです。

むくみとセルライトにお悩みなら

セルライト専門のニューヨーク皮膚科医、グミリック博士とグラフ博士が薦める対策は2つです。

(1)リンパや血液の流れをよくするマッサージをする

(2)糖分は避けて、緑葉野菜たっぷりの食事を摂る

そこで、、、
むくみとセルライトにお悩みなら

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。



おすすめ

[スポンサーリンク]