栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

女性の6割が自覚しているという足のむくみ。女性の8割にあるといわれるセルライト。もうなんとかしたいですよね。

多くの人が行っている対策は、血行を良くするマッサージ。足裏やひざ周り、ふくらはぎ、太ももなどがマッサージしやすいローラーが人気です。

CatMoz【マッサージローラー】

CatMoz【マッサージローラー】

1,398円(11/15 15:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

浮腫とセルライトに効く食事とは?

大盛りの野菜サラダセルライト専門のニューヨーク皮膚科医 グミリック博士とグラフ博士は、マッサージの他に、緑葉野菜たっぷりの食事を薦めています。

でも、野菜たっぷりの食事って、なかなか大変ですよね~。
だったら野菜不足の強い味方、栄養抜群のスーパーフード「明日葉」の青汁を試してみましょう!

明日葉青汁の評価レビュー pick up

ふるさと青汁 明日葉の評価レビュー1
ふるさと青汁 明日葉の評価レビュー2
ふるさと青汁 明日葉の評価レビュー3
ふるさと青汁 明日葉の評価レビュー4

たくさんの人がその効果を実感しているようですが、続けてみないことには意味がありません。
美味しくて摂取しやすい明日葉なら、自然のままで飲める青汁がおすすめです。

ふるさと青汁バナーimp

八丈島産の明日葉を根っこまで使った「ふるさと青汁」なら、野菜不足の解消にも役立ちますね。

公式サイト以外で売られているのは転売品なので、破損や賞味期限などに注意してください。
いつでも休止できる「定期便」なら10%off。お得なキャンペーンや全額返金保証も公式サイトだけの特典です。

▶ 明日葉「ふるさと青汁」公式サイトへ

明日葉の青汁と言えば、この「ふるさと青汁」。ロングセラーの明日葉青汁です。
ふるさと青汁バナーimp

明日葉をもっと知るために

明日葉のことがよく分かる22記事をご用意しましたので、お役立てください。

明日葉ってどんな植物?

青汁やサプリメントの原材料のひとつとしてよく名前を聞く明日葉。体によさそうではあるものの、どんな植物なのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。そこでまず、明日葉の種類や特徴などをご紹介していきます。
▶ 明日葉ってどんな植物?

明日葉がたどってきた道

体によいとされ、青汁やサプリメントなどの健康食品に使用されている明日葉ですが、いったいいつ頃からその存在を認められ、どのように人々の暮らしに浸透し、健康効果が期待されはじめたのでしょうか。
▶ 明日葉の歴史と記録

今なぜ明日葉が注目されるの?

もともとは八丈島で料理に取り入れられていた野草にすぎない存在だった明日葉。しかし現在では健康食材として多くの愛用者を持つほどになっています。そこまで明日葉が注目されている背景には何があるのでしょうか?
▶ 今なぜ明日葉が注目されるの?

明日葉の原産地・八丈島ってどんなところ?

八丈島ときいて、南国情緒やビーチリゾート、名産品の八丈織などをイメージする人はいても、明日葉を思い浮かべる人はあまり多くないかもしれません。しかし八丈島のことをもっと知ると、明日葉の強い生命力の秘密が見えてきます。
▶ 明日葉の原産地・八丈島ってどんなところ?

八丈島に残る明日葉伝承

八丈島には明日葉に関する言い伝えが多く残っています。すべてが実証されているわけではなくても今日まで伝承されているのは、先人の記録や知識・経験が実感として八丈島の人々の生活に浸透し続けてきたためと考えられます。
▶ 八丈島に残る明日葉伝承

あの歴史上の人物も明日葉を食べていた!?

さまざまな罪によって八丈島へ流された人の中には、今もなお歴史に名前が残る有名な人物もいました。真偽のほどはともかく、彼らも明日葉を食べていたであろうこと、そして本土でも明日葉の効能が知られていたことは間違いなさそうです。
▶ あの歴史上の人物も明日葉を食べていた!?

不老不死の霊薬!? 中国古代史にも登場した明日葉

明日葉にまつわるエピソードが残っているのは日本国内だけではありません。なんと、あの秦の始皇帝の臣下・徐福も明日葉を不老不死の霊薬として探し求めていたという話が残っているのです。
▶ 不老不死の霊薬!? 中国古代史にも登場した明日葉

明日葉特有の成分カルコンとは?

明日葉にはカルコンという特有の成分が含まれていることがわかっています。カルコンは明日葉からしか効率よく摂取することができない成分で、他の野菜や山菜では代用できない貴重な栄養素です。
▶ 明日葉特有の成分カルコンとは?

明日葉に豊富に含まれるクマリンの幅広い作用とは?

カルコンと同じくクマリンもがん抑制に有効な成分であることがわかってきています。マウスを使った肺がんに関する実験では、カルコンとクマリンを飲ませたところ、がん細胞の増殖をかなり抑えることができたといわれています。
▶ 明日葉に豊富に含まれるクマリンの幅広い作用とは?

ゲルマニウムは明日葉から摂取できる? いえ、実は・・・

明日葉にゲルマニウムは実はほとんど含まれていないことが最近わかってきました。とはいえ、これで明日葉の評価が落ちることはありません。それを補って余りあるほどの優れた成分がたくさん含まれていますから。
▶ ゲルマニウムは明日葉から摂取できる? いえ、実は・・・

明日葉のビタミン類はバランスがいいから相乗効果も抜群

ビタミンというとビタミンCやビタミンEに注目が集まることが多く、ビタミンB群はあまり重要でない成分と思いがちですが、体への働きという点ではビタミンB群のほうが効果ははるかに多彩で、不足しないように気をつけるべき成分です。
▶ 明日葉のビタミン類はバランスがいいから相乗効果も抜群

明日葉なら不溶性繊維と水溶性難消化性多糖類の両方が摂れる

最近、日本人の間で便秘になる人が増えているといわれていますが、これは食生活の欧米化によって肉食が増えたことが原因のひとつとされています。この便秘を防ぐには、2種類の食物繊維が大いに役立つと考えられています。
▶ 明日葉なら不溶性繊維と水溶性難消化性多糖類の両方が摂れる

明日葉に含まれるミネラル類の需要な役割とは?

人体にとって不可欠な成分といわれるミネラル類は自然界に広く存在しています。そのため、普通の食事をしていれば不足するはずはないのですが、なぜサプリメントが売られているほど欠乏してしまうのでしょうか?
▶ 明日葉に含まれるミネラル類の需要な役割とは?

明日葉の茎から出る黄色い汁の正体は?

明日葉の茎を折ると出てくるネバネバした黄色い汁の正体をご存知ですか?この黄色い汁は他の植物にはほとんど含まれていないため、明日葉オリジナルの成分といわれ、すぐれた殺菌作用を持つと考えられています。
▶ 明日葉の茎から出る黄色い汁の正体は?

八丈島産と大島産、同じ明日葉でも違いはある?

明日葉といってもさまざまなタイプが存在し、有名なものでは青茎系の八丈島種、赤茎系の大島種の2種類があります。同じ明日葉でも産地が異なるというだけで違いが生じるものなのでしょうか?
▶ 八丈島産と大島産、同じ明日葉でも違いはある?

明日葉をより効率よく摂るポイント

セリ科独特の苦味がある明日葉は、人によっては食べにくいかもしれませんが、慣れれば一般の生野菜と変わりなく食べられるようになり、うまみもわかってきます。栄養価が高い野草なので、せっかくなら手軽に効率よく摂りたいものですね。
▶ 明日葉をより効率よく摂るポイント

明日葉レシピ(料理編・スイーツ編・ドリンク編)

健康効果の情報はあちこちで見かけるようになった明日葉ですが、残念ながら料理本が多く出るほどメジャーな食材にはいまのところまだなっていません。しかし、明日葉は普段の私たちの食事に簡単においしく取り入れることができるのです。
▶ 明日葉レシピ(料理編・スイーツ編・ドリンク編)

明日葉の外用での使い方

明日葉は食べたり飲んだりすることでその栄養を享受できる健康野草ですが、実は外用としても非常に優れた効果があるといわれています。体の内側からだけでなく、外側からも取り入れて効果を高めたいものですね。
▶ 明日葉の外用での使い方

明日葉の使用上の注意点

どんなに体によいといわれる植物でも、体調や状況によっては逆効果となったり副作用が出たりすることがあります。幅広い健康効果が期待できるという点で優れた明日葉にも、摂取する上で害になることがあるのでしょうか?
▶ 明日葉の使用上の注意点

明日葉を自家栽培してみよう!種子から育てる方法と苗の状態から育てる方法

明日葉を家庭で育てるにはさまざまな条件をクリアする必要があります。しかし、自宅で明日葉が採れるようになればいつでも手に入って便利です。種から育てる方法と、苗の状態から育てる方法を紹介します。
▶ 明日葉を自家栽培してみよう

明日葉の採取・保存方法

明日葉を自家栽培する醍醐味は、スーパーでは買えない新鮮な明日葉の若葉が自宅で食べられるという点です。次に出てくる新芽のためにも若葉は丁寧に採取してどんどん食べ、種は発芽率を落とさないように乾燥させて保存しましょう。
▶ 明日葉の採取・保存方法

明日葉に学ぶ「身土不二」という考え方

「身土不二」という言葉の通り、日本人には日本の風土で育ったものを食べるのが最も自然で、体質にも合っています。日本の固有種であり日本の風土で育った明日葉こそ、日本人の体質に合っている健康野菜といえます。
▶ 明日葉に学ぶ「身土不二」という考え方

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。



おすすめ

[スポンサーリンク]