栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

いちじくの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

いちじくには、ペクチンやカリウム、カルシウム、鉄が含まれています。

[スポンサーリンク]

いちじくの効能

いちじくは古来より薬効の高いフルーツとして知られています。

水溶性食物繊維であるペクチンを多く含んでいるので、大腸の働きを促し、便秘や下痢を改善するほか、コレステロールやナトリウムなども体外に排出する働きもあるため、高脂血症・糖尿病・高血圧などの生活習慣病の予防にも効果的で、果肉の色素は目の健康によいともいわれています。

また、果肉や、葉の切り口から出る乳液には消化を助ける酵素が含まれているため、胃腸の働きが弱くなっているときや、二日酔いの防止などに効果的です。

ドライいちじくは水分が減る分、カリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄・マンガンなどのミネラル類が相対的に増えます。

油を加えて調理すると整腸作用が高まるので、野菜のように天ぷらにして食べるのもおすすめです。

[スポンサーリンク]

いちじくの人気&簡単レシピ

いちじくのケーキ

いちじくのケーキ

便秘に効果的な食物繊維たっぷりないちじくを敷き詰めたバターケーキ。いちじくは、完熟したものよりまだ固いものがおすすめ。新鮮ないちじくを焼きこむので、焼いた当日もとてもおいしいですよ。次の日には生地がしっとり♪
いちじくジャム

いちじくジャム

プチプチ感が楽しい♪手軽にできるいちじくジャムです。いちじくの皮を剥くコツもあり!どうしても上手くいかない場合は、湯むきにするとOK。白い部分はできるだけ細かく刻み、果汁もこぼさないように鍋に入れましょう。水分が多いので火はあまり弱くせず、焦がさないように煮詰めてください。
いちじく、ビーツ、チーズと胡桃のサラダ

いちじく、ビーツ、チーズと胡桃のサラダ

スイーツやパン、ジャムなどでおなじみのいちじくがワインによく合うサラダになりました♪ビーツがなければ、いちじくだけでも十分おいしくできます。チーズやナッツは、相性の良さそうなものをお好みで♪食物繊維豊富ないちじくは、便秘対策にも役立ちます。
いちじく胡桃トースト

いちじく胡桃トースト

そのまま食べてもイマイチないちじくを、ハチミツと塩が助けてくれる!見た目もオシャレなトーストです。塩はパラパラ程度で、くれぐれもかけ過ぎないように…。
[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]