栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

食品

Category
食品成分表

食品成分表

日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。スマートフォンでも見やすいように工夫して食材の栄養と食品成分表を作成しています。
鶏つくねの栄養とレシピ、食品成分表

鶏つくねの栄養とレシピ、食品成分表

鶏つくねは焼き鳥の一種で、鶏肉のすり身にみじん切りの玉ねぎなどを加え、卵や片栗粉をつなぎとしてこねて好みの大きさに丸めたものです。ビタミンB6やセレンなどが含まれています。
焼き鳥缶の栄養とレシピ、食品成分表

焼き鳥缶の栄養とレシピ、食品成分表

東日本大震災以来、焼き鳥缶詰は備蓄食として注目を集めています。賞味期間が3年と長く、緊急時に不足しがちなタンパク質や脂質を補給でき、常温で食べられます。鉄やビタミンK、ナイアシンなどが含まれています。
鶏の軟骨の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

鶏の軟骨の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

鶏の軟骨には、コラーゲンやナイアシン、パントテン酸などが含まれています。鶏の軟骨は、ハリがあって肌色もしくは薄いピンク色をしているもの、付着している肉が変色していないものを選ぶのがポイントです。
鶏皮の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

鶏皮の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

鶏皮には、一価不飽和脂肪酸やコラーゲンなどが含まれています。加熱して水分と脂肪分が出て行くと水溶性・脂溶性両方のコラーゲンが一緒に流出してしまうため、コラーゲンを効率よく摂取したい場合は、流出した汁ごと摂れるスープや煮込み料理が適しています。
鶏レバー(肝臓)の栄養とレシピ、食品成分表

鶏レバー(肝臓)の栄養とレシピ、食品成分表

鶏レバー(肝臓)には、鉄やビタミンAなどが含まれています。独特の臭みが苦手という場合は、水に十分にさらして血抜きをするのがおすすめですが、それでも臭みが気になる場合は、さらに牛乳に20分ほど漬け込むとよいでしょう。
鶏の心臓(ハツ)の栄養とレシピ、食品成分表

鶏の心臓(ハツ)の栄養とレシピ、食品成分表

鶏の心臓(ハツ)には、タンパク質より脂質が多く、ビタミンB2や鉄が豊富に含まれています。コレステロールも比較的多いので注意しましょう。焼き鳥のほか煮物・炒め物・から揚げなどでも美味です。味付けは、塩・味噌・醤油のどれでも合います。
鶏ささ身の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

鶏ささ身の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

鶏ささ身は炭水化物や脂質がほとんど含まれておらず、ほとんどタンパク質でカロリーも低いため、離乳食や高齢食のほか、ダイエット時に摂取カロリーを低くしたり、トレーニング時の筋肉を作るための栄養源として活用したりと、幅広い用途があります。ナイアシンやセレンなどが含まれています。




[スポンサーリンク]