栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

サンチュの効能とおすすめレシピ、食品成分表

サンチュには、β-カロテンやビタミンA・B群・C、鉄、カルシウム、カリウム、ラクッコピコリンが多く含まれています。
その栄養効果として、肥満・生活習慣病の予防、リラックス効果、貧血予防効果などが期待できます。

サンチュの効能

サンチュはレタスの仲間で、緑黄色野菜のひとつです。
サンチュに含まれる豊富なβ-カロテンは、肥満やがん、生活習慣病の予防に役立つほか、細胞の健康維持に欠かせないビタミンA・B群・C、鉄、カルシウム、カリウムなども多く含まれています。

焼肉のときにサンチュを一緒に食べるのは、サンチュに含まれるβ-カロテンが、脂と合わさることで吸収率がアップするのに対して余分な脂肪の吸収は抑えるという性質を持っているためです。

また、サンチュをカットしたときに出る白い液体に含まれているラクッコピコリンという成分には、リラックス効果や入眠効果を促進する働きがあるため、寝不足や不眠症の改善が期待できます。

そのほか、鉄は貧血予防に、ビタミンCなどの抗酸化物質は動脈硬化予防にそれぞれ有効とされています。

[スポンサーリンク]

サンチュの人気&簡単レシピ

挽肉とたっぷり野菜のサンチュ巻

濃い目に味をつけたお肉と野菜を、さっぱりサンチュで巻きました。小さく切った野菜をひき肉と炒め、味をつければ完成。とっても簡単なので、忙しいときの一品にも便利です。サンチュはβカロテンが豊富なので、肥満、ガン、生活習慣病予防にも。

サンチュでカルビ(焼肉)&野菜巻き

お肉と好きな野菜をサンチュで巻き巻き♪野菜もたっぷり食べられます。サンチュに含まれるβ-カロテンはお肉の脂と相性抜群。βカロテンの吸収率がアップしつつ、余分な脂肪の吸収は抑えられるという優れたコンビネーションを発揮してくれます。ナムルのごま油は最後に合わせるのがコツ。先に入れてしまうと、油でコーディングされて味が付きにくくなります。

サンチュの韓国風サラダ

パリパリっと仕上げるちょっとしたコツは必読!自家製ドレッシングと野菜を混ぜるだけの超簡単サラダ。冷やした葉野菜を手でちぎったら、すぐドレッシングと和えて食卓に出しましょう。ちぎった後はくれぐれも水に浸けないように。

豆腐をのせたサンチュのサラダ

サンチュは巻くだけじゃありません。豆腐の水気はよく切ってください。お好みで鰹節をかけても美味しいです。子どもや辛いものが苦手な人には、コチュジャンを減らして。残ったサラダは小さなビニール袋に入れ、一回分ずつ閉じて野菜室に入れておくと便利です。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
4858 views