栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

生姜の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

生姜には、カリウムやカルシウム、マグネシウムが多く含まれています。
その栄養効果として、ガン予防、冷え性改善、風邪・疲労の回復効果などが期待できます。

生姜の栄養

生姜は、栄養成分よりも辛味成分や香り成分に薬効があります。

辛味成分ジンゲロンやショウガオールには強力な抗酸化作用があり、ガンを防ぐほか、血行をよくして体を温める効果もあり、冷えを改善します。

香り成分ジンギベレンやシトロネラールには、消炎・去痰・保湿作用があるため、風邪や疲労の回復に効果があります。

ショウガの効能 効果と注意点 | 栄養BOXショウガの効能 効果と注意点

ショウガは、ジンゲロールとショウガオールおよびジンゲロンの主要成分とそれ以外に含まれるビタミンやミネラルなどのその他の栄養成分の相互作用で、冷え性、カゼの初期症状、胃腸の潰瘍・腫瘍、吐き気、便秘、むくみの解消などに効果を発揮します。

生姜は、すりおろしたり刻んだりすると薬効が高まります。親指くらいの生姜をすりおろして作る生姜汁は、風邪の初期に効果があります。また、豚肉や玉ねぎと一緒に摂ると、これらに含まれるビタミンB1を効率よく摂取することができ、疲労回復・食欲増進効果をアップさせます。

[スポンサーリンク]

生姜の人気&簡単レシピ

温かい生姜入り京風カレースープ生姜入り京風カレースープ

生姜が効いた温かい和のカレースープ。生姜と油揚げをたっぷり入れると、カレーとまた違った風味を楽しめます。野菜は冷蔵庫で余っているものを活用しましょう。生姜の辛味成分には体を温める作用があるので、冷え対策にも効果的。胃腸の血行を促進する働きもあるので、体の中心部から温まります。

厚揚げとえのきの生姜あんかけ厚揚げとえのきの生姜あんかけ

5分で完成♪厚揚げとえのきと生姜は、意外にも抜群なコンビネーション!小ねぎと生姜は5?10秒ほど炒め、他の材料と混ざったらOK。あんの素を先に作っておくと便利です。エネルギー代謝を高める生姜と食物繊維豊富なえのきで、女性に嬉しい一品です。

スピード副菜!チンゲン菜と卵の生姜炒めチンゲン菜と卵の生姜炒め

生姜の風味をきかせた中華炒めで冷え性改善&アンチエイジング!あと一品ほしいときにパパッとできるお助けおかずです。最初に生姜の香りを引き出すことが大きなポイント。血行促進、デトックス、免疫力アップなど体に嬉しい効能が多い生姜に、青梗菜と卵の組合せで美肌効果も♪

牡蠣と生姜の炊き込みご飯牡蠣と生姜の炊き込みご飯

牡蠣の旨味と生姜の香りが美味しい♪生姜はたっぷりがおすすめ。普通の生姜を使う場合は水にさらして灰汁を抜き、牡蠣より先に入れて少し長めに炊くと良いようです。牡蠣が好きな方はぜひ量を増やして♪

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
582 views