栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

食品

シソ(紫蘇)の効能とおすすめレシピ、食品成分表

シソには、ビタミンAやビタミンK、鉄、カルシウムが多く含まれています。さらに、ロズマリン酸、αリノレン酸、クロロフィル、βカロチンといった注目成分を含んでいます。
その栄養効果として、アンチエイジング、アレルギー抑制、殺菌効果、食欲増進、消化促進、目や肌の健康維持、貧血予防、精神安定、ダイエット効果などが期待できます。

シソ(紫蘇)の効能

シソ(シソ)は日本で古くから食されている香味野菜です。

青シソは、刺身のつまや天ぷらなどにします。香りの高い青シソの葉は「大葉(おおば)」とも呼ばれ、薬味として用いられることもあります。

赤シソは、梅干しなどの色づけやシソジュースに使います。梅干しに利用した後の赤シソを干して粉末にしたのが赤シソのふりかけで有名な「ゆかり」です。

活性酸素の除去してアンチエイジング

シソの主成分であるロズマリン酸には、活性酸素を除去する効果があるとされています。活性酸素は、体内の細胞を酸化させ、細胞の正常な働きを失わせることで、さまざまな老化現象を起こす物質です。

アトピー性疾患や花粉症などのアレルギー抑制

シソに含まれるαリノレン酸は、体内でEPAに変化します。EPAには免疫を正常化する働きがあり、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を緩和してくれます。

殺菌効果と食欲増進

シソの香り成分は、ペリルアルデヒド・リモネン・ピネンなどです。特に多く含まれているペリルアルデヒドはシソアルデヒドとも呼ばれ、強い抗菌作用・防腐効果があります。シソが薬味に欠かせないのもこのためです。

食欲増進効果や消化吸収を高める

シソの香り成分である、ペリルアルデヒド・リモネン・ピネンは、消化酵素の分泌を促して消化吸収を高めたり、食欲を増進させて胃の調子を整える作用もあります。

ガンの抑制

シソにはβカロチンが豊富に含まれています。抗酸化効果は、ビタミンCの1000倍ともいわれ、ガン予防や老化予防に効果の高い栄養成分です。加えてビタミンCも豊富なため、抗ガン効果が期待されています。

目や肌の健康維持

βカロチンは体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜の保護、視覚や聴覚の正常化などに働きかけます。夜間の視力の維持にも役立ちます。

貧血予防

鉄が多く含むシソには、鉄の吸収を助けるビタミンCも多く含んでいます。これが相乗効果となって貧血予防に有効です。

ダイエット効果

カロリーが低くて栄養価が高いシソは、ダイエット食にぴったりです。

精神安定作用

シソはカルシウムを多く含んでいるので、精神安定作用があります。

利尿作用

シソはカリウムを多く含んでいるので、利尿や発汗を促して、水分代謝を良くする働きがあります。

[スポンサーリンク]

シソの人気&簡単レシピ

シソの旬は、5月〜7月です。

シソのおすすめレシピ

鶏ささみのしそ&チーズはさみ焼き

鶏ささみのしそ&チーズはさみ焼きhttp://cookpad.com/recipe/731740

やわらかいささみの食感と、とろ〜りチーズの絶妙なコンボ。3つの異なる食材で栄養の組み合わせもばっちりです。

トマトと大葉で和風冷製パスタ

超シンプル!トマトと大葉で和風冷製パスタhttp://cookpad.com/recipe/1889048

10分で完成する簡単レシピ。材料もシンプル。夏バテ対策にもぴったりです。

豚の大葉厚揚げ巻き

ポン酢でさっぱり♪豚の大葉厚揚げ巻きhttp://cookpad.com/recipe/619466

厚揚げと大葉を豚ばら薄切り肉で巻いて焼き上げた一品。 ポン酢でさっぱりと味付けがオススメだそうです。貝割れ大根で栄養バランスがさらに良くなっています。

赤シソジュース

スッキリ爽やか。赤シソジュースhttp://cookpad.com/recipe/600293

栄養たっぷりで健康的な赤シソジュース。飲んだ後はすっきり爽やかで、夏バテ気味の暑い季節にぴったりのドリンクです。赤しその鮮やかな色と風味は、夏の来客にお出しすれば、お客様に喜ばれること間違いなし。子供達にも人気のシソジュースです。

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
2277 views